image_2

※制度対象者[母子…母子家庭、寡婦…寡婦、父子家庭…父子家庭]

奈良県母子家庭等就業・自立支援センター(スマイルセンター)

奈良県スマイルセンター母子寡婦

  スマイルセンターは、就業相談から就業支援講習会の実施、就業情報の提供などをワンストップサービスで行うために、奈良県・奈良市が実施主体として開設した「母子家庭等就業・自立支援センター」です!

  a_btn037詳しくは、奈良県スマイルセンターのホームページをご覧ください。


相談風景   image1

就業に向けた能力開発への支援

自立支援教育訓練給付金母子](平成30年4月1日現在)

   母子家庭の母、父子家庭の父が、就職するために有利な教育訓練を受講する場合、受講料の一部が給付されます。
  ※申請には必ず事前相談が必要です。
   
対象講座 雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座
その他(知事、福祉事務所設置市村の長が対象とする講座)
支給額 対象講座の受講料の6割相当額(上限20万円下限12千円)
※雇用保険法に規定する教育訓練給付金の受給資格のある方は、その受給額を差し引いた額が支給額となります。
  a_btn037詳しくは、お住まいの住所地を所管する福祉事務所へお問い合わせください。
 雇用保険に規定する教育訓練支援給付金の受給資格のある方も、平成29年度から差額が支給されます。


高等職業訓練促進給付金[母子](平成30年4月1日現在)

  母子家庭の母、父子家庭の父が、対象資格の取得を目指して養成機関で1年以上修業する場合、受講期間の一定期間について「訓練促進給付金」が給付されます。また、入学前にご相談があれば養成機関の修了後に入学時の費用の一部を負担する「修了支援給付金」が支給されます。
 ただし、求職者支援制度における職業訓練受講給付金や雇用保険法第24条に定める訓練延長給付及び雇用保険法附則第11条の2に定める教育訓練支援給付金等、高等職業訓練促進給付金と趣旨を同じくする給付を受けている方は対象となりません。

 ※申請には事前相談が必要 (9月までの相談で翌年4月から支給)

対象者 (1)母子家庭の母、父子家庭の父で、児童扶養手当を受給しているか、同様の所得水準にあること
(2)対象資格の取得のため、養成機関で1年以上の修業が必要な方
(3)就業または育児と修業の両立が困難な方
対象資格 看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、その他(福祉事務所設置市村の場合は市村長、その他町村の場合は知事が定める資格) 
※市町村により対象資格が異なりますのでお問い合わせ下さい。
給付金の種類

訓練促進給付金

支給期間

修業期間の全期間(上限36か月)
申請時期 修業を開始した日以後
(事前に相談が必要)

支給額

70,500円(課税世帯) 100,000円(非課税世帯)
※世帯には扶養義務者(世帯分離している同居の親族)も含みます

修了支援給付金

対象者

入学前に相談している方

申請時期

修了日を経過した日から30日以内

支給額

25,000円(課税世帯) 50,000円(非課税世帯)
事前相談
申請には必ず事前相談が必要です。
入学から申請ができる年度の前年9月末までの間に、相談をしてください。
修了支援給付金は、入学前までに相談が必要です。 
  a_btn037市町村ごとに実施状況が異なります。
   詳しくは、お住まいの住所地を所管する福祉事務所へお問い合わせください。


家庭高等職業訓練促進資金貸付事業[母子](平成30年4月1日現在)

○事業の概要
 「高等職業訓練促進給付金」の受給者に対して、
 就職に有利な資格取得を目指すために必要な資金を貸与します。

○事業の対象
 奈良県内の福祉事務所が実施する「高等職業訓練促進給付金」の受給者

○資金の種類や限度額等

資金の種類 

限度額 

返還期間 

利子 

入学準備金

 50万円以内

4年以内※1

※2 

(例)
 養成機関の入学金費用
 入学に際して必ず必要となる学用品、実習被服等の費用 等

就職準備金

20万円以内 

2年以内※1 

※2

(例)
 就職によって転居が伴う場合における転居費用
 (転居先の賃貸物件の借り上げに伴う礼金や仲介手数料)
 就職にあたり必要となる被服費
 通勤に要する移動用自転車等の購入費 等

※1 返還猶予を受けていない場合
   入学準備金と就学準備金の両方を借り入れた場合は6年以内
※2 連帯保証人を立てた場合は無利子、立てない場合は履行猶予期間経過後から年利1%。
   ただし、返還期間を過ぎた場合は、連帯保証人の有無にかかわらず、残元金に対して5%の遅延利子が発生。

○返還免除
 養成機関を終了し、かつ資格を取得した日から1年以内に、原則として奈良県内において、取得した資格が必要な業務への従事を開始し、引き続き5年間業務に従事したときは、貸付金の返還を免除されます。

○申込方法
 「高等職業訓練促進給付金」の窓口になっている福祉事務所を経由して貸付申請書を奈良県社会福祉協議会に提出してください。

○その他
 制度内容については、こちらのwebサイト(奈良県社会福祉協議会)にも掲載されています。

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業[母子父子家庭

 母子家庭の母、父子家庭の父またはその子どもで、高卒認定試験合格のための講座(通信教育を含む)を受け、これを修了した際に受講費用の20%が支給されます。また、高卒認定試験に合格した場合にも受講費用の40%が支給されます。

 (最大、受講費用の6割、上限150,000円)

  a_btn037市町村毎に実施状況が異なります。詳しくは、お住まいの住所地を所管する福祉事務所へお問い合わせください。

公共職業訓練母子寡婦父子家庭

  求職中の方や転職希望者が対象。就職を目指して、修業に必要な知識や技能を勉強していただくことができます。
 a_btn037詳しくは、お住まいの住所地を所管するハローワークへお問い合わせください。

技能習得期間中の貸付母子寡婦

  母子家庭の母、父子家庭の父及び寡婦が就職するために必要な技能を習得する場合、母子、父子並びに寡婦福祉資金貸付金の技能習得資金や生活資金の貸付を行います。
  a_btn037詳しくは、お住まいの市町村福祉担当課へお問い合わせください。

  a_btn037貸付相談曜日は、相談窓口をご覧ください。
   面談でお越しの際は、出張等で不在の場合もありますので事前にご確認ください。

企業への働きかけ

試用雇用 (トライアル雇用)奨励金事業母子寡婦

  ハローワークの紹介により母子家庭の母等、父子家庭の父を常用雇用への移行を前提として短期間試行的に雇い入れた事業主に対して、母子家庭の母1人につき月額4万円が最大3ヶ月間支給されます。
  a_btn037詳しくは、事業主の住所地を所管するハローワークへお問い合わせください。

特定求職者雇用開発奨励金事業母子寡婦

  母子家庭の母等の就職が困難な者を公共職業安定所又は職業紹介事業者の紹介により雇い入れ、継続して雇用する事業主に対して賃金の一部が1年間程度助成されます。
  a_btn037詳しくは、事業主の住所地を所管するハローワークへお問い合わせください。

両立支援等助成金母子寡婦

 職業生活と家庭生活の両立支援、女性活躍推進に取り組む事業主に、助成金が支給されます。
  a_btn037詳しくは、奈良労働局雇用環境・均等室(0742-32-0210)へお問い合わせください。

はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰母子

 母子家庭の母、父子家庭の父の就業支援に積極的に取り組む企業が、優良企業として表彰されます。

再チャレンジ支援寄附金税制母子

 母子家庭の母の就業支援に積極的に取り組む企業に対する法人からの寄附金について、税制上の優遇措置が講じられます。

職業紹介・相談機関

公共職業安定所(ハローワーク)[母子寡婦父子家庭

  就職についてきめ細やかな相談を行い、適性や希望にあった事業所への紹介を行うとともに、職場適応訓練や公共職業訓練の斡旋、助成金等各種支援措置の案内も行っています。
  また、プログラム策定事業での取り組みやスマイルセンターとの連携により、ひとり親家庭の親の雇用促進を図っています。
  a_btn037詳しくは、ハローワークへお問い合わせください。

マザーズコーナー(ハローワーク奈良内・ハローワーク大和高田内・ハローワーク桜井内)[母子寡婦

  子育てをしながら就職を希望している方に対して、子ども連れで来所しやすい環境を整備し、個々の希望やニーズに応じたきめ細やかな就職支援を実施しています。
  a_btn037詳しくは、マザーズコーナー奈良(0742-36-1601)、マザーズコーナー大和高田(0745-52-5801)・
    マザーズコーナー桜井(0744-45-0112)へお問い合わせください。

福祉人材センター[母子寡婦父子家庭

  福祉関係の就職について、きめ細やかな相談を行い、適性や希望にあった事業所への紹介も行っています。
  a_btn037詳しくは、福祉人材センター(0744-29-0160)へお問い合わせください。

しごとiセンター[母子寡婦父子家庭

  しごと相談ダイヤルにて、就業全般に関する相談、内職の紹介・相談を行っています。
  a_btn037詳しくは、しごとiセンター(奈良:0742-23-5730、高田:0745-24-2010)へお問い合わせください。

奈良県中和・吉野自立サポートセンター[母子寡婦父子家庭

 働いた経験が少なく自信がない、仕事がなかなか見つからないといった「働く」ことに関する困りごとを抱えた方へ、1人ひとりにあったオーダーメイドの就労支援を行っています。

 (十津川村を除く町村部にお住まいの方が対象)

  a_btn037詳しくは、奈良県中和・吉野自立サポートセンター(0120-85-1225)へお問い合わせください。


お問い合わせ

こども家庭課
〒 630-8501 奈良市登大路町30

お問い合わせフォームはこちら

母子家庭の就業支援


家庭福祉係 TEL : 0742-27-8678
児童虐待対策係 TEL : 0742-27-8605