県有建築物に係る耐震化の状況

県有建築物の耐震性等の公表について(概要)

 奈良県では、平成19年3月に策定した「奈良県耐震改修促進計画」(平成28年3月改定)において、庁舎、学校、病院等の県有建築物を令和2年度までに耐震化率95%以上となる目標を示しました。これを達成するため、平成20年3月「県有建築物の耐震改修プログラム」を作成(平成28年3月改定)し、計画的に耐震化を取り組んでいます。
 これらを踏まえ、プログラム(概要)と耐震診断結果を含むリストの公表を行います。

令和2年3月31日現在の県有建築物の耐震化状況
耐震化率 93%
耐震対象建築物 1,892棟に対して、耐震対策済み1,771棟、耐震未対策121棟
 
※以下の地方独立行政法人及び一部事務組合を含む
  • 県立2病院(総合医療センター、西和医療センター)及び総合リハビリテーションセンター(平成26年4月1日独法化)
  • 県立大学(平成27年4月1日独法化)
  • 五條病院(平成28年4月1日一部事務組合化)

主要な施設(高等学校、文化施設、社会福祉施設、病院等)の耐震化状況
施設分類 対象棟数 対策済 未対策
改修要 未診断
高等学校等
(高等学校、体育館、養護学校、等)
377 353 24 0
文化施設
(文化会館、美術館、奈良春日野国際フォーラム 甍 I・RA・KA等)
16 12 4 0
社会福祉施設等
(福祉総合センター、総合リハビリテーションセンター、心身障害者福祉センター等)
43 40 3 0
病院施設等
(総合医療センター、西和医療センター、五條病院 等)
34 32 2 0

今後の耐震改修の取り組み
 令和2年度までに耐震化率95%以上を目標に改修を実施します。
 参考資料(別添1)(pdf 74KB)
 参考資料(別添2)(pdf 154KB)

本文は、以下のとおりとなります。
 県有建築物の耐震性等の公表について(pdf 35KB)
 【資料1】県有建築物の耐震改修プログラム(概要)(pdf 60KB)
 【資料2】 防災上の用途の分類(pdf 185KB)
 【資料3】 県有建築物の耐震化状況(平成31年3月31日現在)(pdf 382KB)
 【資料4】 県有建築物(耐震)リスト(pdf 645KB)