川の歳時記

国栖奏(くずそう)

お祭り

国栖奏(くずそう)

日 時  旧正月14日
場 所  浄見原神社/吉野町南国栖
内 容

  国栖奏は応神天皇が吉野離宮に行幸したとき、国栖人が醴酒(れいしゅ)を献上して歌舞を奏したことによるが、古くは国栖舞とか翁舞とか呼ばれてきた。神前には山菓(くり)・醴酒(一夜酒)・腹赤の魚(ウグイ)・土毛(根芹)・毛獼(赤蛙)など珍味が供えられる。当日、近くの集会場で衣装を着けた奏者は役割分担を確認して、行列で拝殿(舞殿)に向かう。一同は12人である。まず楽器を神殿に供えて着座する。そして神主の祝詞奏上に続いて、一歌・二歌を奏する。次いで、供えた楽器の鈴と笛を持ち三歌を唱和し、舞で四歌を奏し、最後に氏子や奉賛者の名前を読み上げて、古代から伝承の舞楽の式は終わる。
                      (『定本紀ノ川・吉野川』中野榮治監修より)

備 考

腹赤の魚(はらかのうお)

一覧に戻る