集落営農とは

農業従事者の減少・高齢化が進む中で、地域農業の維持発展・耕作放棄地の解消などが緊急かつ重要な課題となってます。その様な課題の解決策の一つとして、集落の農地・農業を集落全体で守る「集落営農」が注目されています。

集落営農塾

集落営農を実際に行っている事例として集落営農組織代表の方に、集落営農設立までの経緯、現在の取り組み、これからの展望についてお話しして頂きます。その後お話し頂いた圃場の視察を行うことで、集落営農の現場を見て頂きます。

平成28年度集落営農スクール 開催結果

平成29年2月25日に郡山総合庁舎において、8集落の代表者及び関係機関の、計40名の参加を得て集落営農スクールを開催しました。

平成27年度集落営農スクール 開催結果

平成28年2月27日に橿原総合庁舎において、14集落の代表者及び関係機関の、計33名の参加を得て集落営農スクールを開催しました。
開催結果はこちら

平成26年度集落営農塾 開催結果

平成27年3月7日に広陵町さわやかホールにおいて、12集落の代表者及び関係機関の、計69名の参加者を得て集落営農塾を開催しました。
 
開催結果はこちら 

平成25年度集落営農塾 開催結果

平成25年9月8日に御杖村開発センターにおいて、12集落の代表者及び関係機関の、
計55名の参加者を得て集落営農塾を開催しました。 

 →
開催結果はこちら