あいサポート運動 ロゴ      障害を知り、ともに生きる
   ~ まず、知ることからはじめましょう ~
 
 
 
 
  
私たちは街中で赤ちゃんが泣いていても何の疑問も感じません。
 泣くことは赤ちゃんの自然な姿であり、それが普通のことだからです。
       障害のない方が不思議に思えることも、
 障害のある方にとってはごく普通のことであり、特別なことではありません。
       普段、私たちが眼鏡をかけたり、
  お年寄りに少し大きな声でゆっくり話しかけたりするように
     不自由さを補う道具や援助があれば
   障害のある方にもできることはたくさんあります。
 様々な障害の特性や、障害のある方への配慮を正しく理解することが
         あたたかい地域社会を築き、
   「一緒にくらす」ことへの第1歩になるのです。
 

あいサポート運動とは?
 奈良県で平成25年8月から取り組んでいる運動で、障害の有無にかかわらず、誰もが暮らしやすい共生社会を実現するため、1.障害の内容・特性、2.障害のある方が困っていること、3.配慮の仕方やちょっとした手助けの方法などを理解し、実践していただく「あいサポーター」を養成し、県民運動としてひろげていくことにより、誰もが暮らしやすい共生社会の実現を目指すものです。

あいサポーターとは? 
 「あいサポーター」とは、
 1.あいサポートバッジを身につけ、
 2.障害の特性や必要な配慮などを理解して、障害のある方を手助けする人のことです。
   特別な技術などを習得して支援するのではなく、日常生活の中で自分のできる範囲での
   手助けをお願いします。
   

あいサポーターになるためには?
 地域や職場などで行われる「あいサポーター研修」に参加して説明を受けてください。
 
あいサポーター研修
 地域や職場などで行われる研修、会合等において、主催者の希望に応じて、あいサポーター研修を実施します。「あいサポート運動、あいサポーターについて話をきいてみたい」「地域や職場の研修であいサポート運動をとりあげてみよう」と思われる方は、講師を派遣しますので、お気軽に県障害福祉課あてにお申し込みください。

 ○研修の内容(約90分)
  まほろば「あいサポート運動」の目的や趣旨を説明(分)
  多様な障害の特性などを理解するためのDVD視聴(50分)
  日常生活で使う簡単な手話講座(10分)

      研修申込書(xls 36KB)    

あいサポート企業・団体とは
 また、職員等を対象とした「あいサポーター研修」を行うとともに、あいサポート運動を推進する取組をしていただく企業・団体を「あいサポート企業(団体)」として認定します。
 (取組例)
  ○職員への「あいサポートバッジ」の着用推奨
  ○職員にパンフレット「障害を知り、共に生きる」を読むことの推奨
  ○自社広報物、ホームページでの「あいサポート運動」の掲載
  ○「あいサポート運動」のチラシ等の配布
  ○職員が行っている障害のある方への取組を機関誌等で紹介  など 

   あいサポート企業(団体)認定申請書

       パンフレット「障害を知り、共に生きる」
    (データ容量が大きいため、3つに分割しています。)
            パンフレット1(pdf 921KB) 
     パンフレット2(pdf 742KB) 
            パンフレット3(pdf 1037KB)

お問い合せ先:奈良県健康福祉部障害福祉課
〒630-8501 奈良市登大路町30番地
TEL:0742-22-1101(代表)  FAX:0742-22-1814
障害福祉課へのお問い合わせフォームはこちら