平成26年4月1日からペースメーカや人工関節等を入れた方に対する
身体障害者手帳の認定基準が変わります。

 
医療技術の進歩により、ペースメーカ等や人工関節等をいれても大きな支障がなく日常生活を送ることができる方が多くなったことを踏まえ、厚生労働省において、専門家による医学的見地からの検討を行い、平成26年4月1日から身体障害者手帳の認定基準が見直されることになりました。

【見直しの概要】
①ペースメーカー等を入れた方(心臓機能障害)
 平成26年3月まで 平成26年4月から 
ペースメーカ等の手術を 
受けた人は一律に1級  ⇒
として認定
 ペースメーカ等への依存度や日常生活上の
活動の程度に応じて1級、3級、4級として
認定(手術後、症状が改善する可能性があることから
身体障害者手帳交付後3年以内に再認定を行います。)
※ペースメーカ等はペースメーカのほか埋込み型除細動器(ICD)を含みます。
 先天性疾患により植え込みをした場合は、従来通り1級で認定します。
 診断書・意見書の様式についても変更となります。


②人工関節等を入れた方(肢体不自由)
 平成26年3月まで         平成26年4月から 
【股関節・膝関節】⇒一律4級に認定




【足関節】⇒一律に5級に認定 
 【股関節・膝関節】
4級、5級、7級、非該当
(人工関節置換後の経過の安定した時点での機能障害の程度で認定)


【足関節】
5級、6級、7級、非該当
(人工関節置換後の経過の安定した時点での機能障害の程度で認定)
 ※診断書・意見書の様式の変更はありません。

●経過措置
 今回の改正に伴い、平成26年4月1日以降の申請から新たな認定基準の対象になります。ただし、平成26年3月31日までに診断書・意見書が作成された方については、平成26年6月末までに申請すれば、従来の基準で認定されます。


詳しくは下記のリーフレットをご覧ください。
一般の方向け(肢体不自由、心臓機能障害)
指定医師向け(心臓機能障害)
指定医師向け(肢体不自由)
平成26年4月からの診断書(心臓機能障害)

お問い合せ先:奈良県福祉医療部障害福祉課
〒630-8501 奈良市登大路町30番地
TEL:0742-22-1101(代表)  FAX:0742-22-1814
障害福祉課へのお問い合わせフォームはこちら