県庁舎(けんちょうしゃ)について


 県庁舎(けんちょうしゃ)には、本庁舎(ほんちょうしゃ)と分庁舎(ぶんちょうしゃ)があり、周囲(しゅうい)の環境(かんきょう)に調和(ちょうわ)することを基本(きほん)に、本庁舎(ほんちょうしゃ)は主棟(しゅとう)、議会棟(ぎかいとう)、東棟(ひがしとう)の3つの建物(たてもの)が中央奥(ちゅうおうおく)の主棟(しゅとう)を取(と)り囲(かこ)むように回廊風(かいろうふう)に建(た)てられています。この建(た)て方(かた)によって、前(まえ)の道路(どうろ)の騒音防止(そうおんぼうし)や公園(こうえん)から見(み)た建物(たてもの)の印象(いんしょう)をやわらげる役目(やくめ)をしています。

本庁舎

分庁舎

(本庁舎(ほんちょうしゃ))

(分庁舎(ぶんちょうしゃ)) 


本庁舎(ほんちょうしゃ)

総事業費(そうじぎょうひ) 約(やく)17億(おく)3千万(ぜんまん)円(えん)
工期(こうき) 
  着工(ちゃっこう) 昭和(しょうわ)37年(ねん)12月(がつ) 
  完成(かんせい) 昭和(しょうわ)40年(ねん)2月(がつ)
敷地面積(しきちめんせき) 17,854平方(へいほう)メートル
建物延面積(たてもののべめんせき) 29,214平方(へいほう)メートル
建物(たてもの)の高(たか)さ 
主棟(しゅとう) 6階屋上(かいおくじょう)まで 23.6メートル
         塔屋最頂部(とうやさいちょうぶ)まで 48.4メートル
分庁舎(ぶんちょうしゃ)

建設費(けんせつひ) 約(やく)135億(おく)円(えん)
工期(こうき) 
  着工(ちゃっこう) 平成(へいせい)6年(ねん)3月(がつ) 
  完成(かんせい)  平成(へいせい)8年(ねん)6月(がつ)
敷地面積(しきちめんせき) 10,704平方(へいほう)メートル
建物延面積(たてもののべめんせき) 21,255平方(へいほう)メートル
建物(たてもの)の高(たか)さ 
  6階屋上(かいおくじょう)まで 23.8メートル

県名(けんめい)の由来(ゆらい)は、平安時代(へいあんじだい)から鎌倉時代(かまくらじだい)にかけて、東大寺(とうだいじ)や興福寺(こうふくじ)の門前町(もんぜんちょう)として「奈良町(ならまち)」が生(う)まれ、江戸時代(えどじだい)には幕府(ばくふ)の奉行所(ぶぎょうしょ)がおかれて政治(せいじ)の中心(ちゅうしん)となりました。明治時代(めいじじだい)になって県名(けんめい)をつけるとき、それをとったものです。


奈良県ホームページへ
奈良県ホームページ
トップページへ
キッズならけん