大規模な災害発生時に、外国人住民の通訳や災害情報の翻訳などをする「災害時通訳・翻訳ボランティア」を養成するための研修会を下記のとおり開催しました。

平成30年1月21日研修会開催結果概要

(1) 日時 平成30年1月21日(日曜日) 10時00分~16時00分 
(2)会場 橿原市かしはら万葉ホール 研修室
(3)内容 
○講義 「奈良県で想定される災害について」
「橿原市における防災対策について」             
「災害時の外国人支援」
○実習(訓練)「災害時多言語支援センターの情報発信と避難者支援」
実習では災害時の多言語での情報発信のための翻訳演習と、外国人への窓口対応のための通訳ロールプレイを行いました。
<講師> 城陽市国際交流協会  事務局長 大久保 雅由 氏他
(4)参加者
災害時通訳・翻訳ボランティア登録者、参加を希望された方 43名
研修風景20180102     研修風景201801

 

平成29年8月6日・8月19日研修会開催結果概要

(1)日時・場所
<橿原会場>
 日時;平成29年8月6日(日曜日) 13時00分~16時30分  
 場所;奈良県社会福祉総合センター 大会議室 
<奈良会場>
 日時;平成29年8月19日(土曜日)13時00分~16時30分 
 場所;奈良県文化会館 多目的室  
(2)内容 
 ○講義 「災害時における外国人への情報伝達」
 ○演習 「災害時の外国人支援ボランティアの体験をしてみよう」(演習&ロールプレイ)
 講師:大久保 雅由(おおくぼ まさよし)氏  (京都府城陽市国際交流協会  事務局長)
(3)参加者
   災害時通訳・翻訳ボランティア登録者、参加を希望された方 
 橿原会場 28名、奈良会場 38名  

○研修の様子
8月19日の写真2  8月6日の写真

 

8月19日の写真1

 

平成29年2月25日研修会開催結果概要

(1)日時 平成29年2月25日(土曜日) 10時30分~16時30分 
(2)会場 奈良県文化会館 集会室AB
(3)内容 
 ○講義 「奈良県で想定される災害について」「災害時多言語支援センターの機能と役割」「災害時外国人支援の情報提供について」
 ○実習(訓練)「災害時多言語支援センターの開設と避難所巡回」
  講師:高木和彦(たかぎ かずひこ)氏 ((特活)多文化共生マネージャー全国協議会副代表理事) 
     大久保雅由(おおくぼ まさよし)氏(城陽市国際交流協会  事務局長)
(4)参加者  災害時通訳・翻訳ボランティア登録者、参加希望された方 計47名 

○研修の様子
講義写真1

訓練2 
訓練写真2

平成28年7月23日研修会開催結果概要

(1)日時 平成28年7月23日(土曜日) 13時~16時 
(2)会場 奈良県文化会館 多目的室
(3)内容 
 ○講義「災害時における外国人支援~熊本地震の支援活動から見えてきたもの~」
 ○演習「災害時の外国人支援ボランティアの体験をしてみよう」(演習&ロールプレイ)
  講師:高木和彦(たかぎ かずひこ)氏
  (NPO法人 多文化共生マネージャー全国協議会副代表理事)
(4)参加者  災害時通訳・翻訳ボランティア登録者、参加希望された方 計36名

○講義の様子

syasin

平成27年7月20日研修会開催結果概要

(1)日時 平成27年7月20日(月・祝) 13時~16時 
(2)会場 奈良県文化会館 多目的室
(3)内容 
○講義 「災害時外国人支援の現状、課題~ボランティアが求められる役割とは~」     
○演習 「災害時外国人支援ボランティアの活動を考えてみよう(ロールプレイ)」
講師:時光(とき ひかる)氏 (NPO法人 多文化共生マネージャー全国協議会事務局長)
(4)参加者  災害時通訳・翻訳ボランティア登録者、参加希望された方 計35名
○講義の様子
講義写真

平成27年3月1日研修会開催結果概要

(1)日時 平成27年3月1日(日曜日) 13時~16時
(2)会場 奈良商工会議所 地階AB会議室
(3)  内容 
○説明 奈良県災害時通訳・翻訳ボランティア制度について
○講義 災害時における外国人のニーズとボランティアの役割
   講師:時光(とき ひかる)氏 (NPO法人 多文化共生マネージャー全国協議会事務局長)

○グループワーク「災害発生までに準備できることは?」
(4)参加者 災害時通訳・翻訳ボランティア登録者、留学生、参加希望された方 計29名
○講義の様子