ムジークフェストなら2015連携展示
国際現代アート展なら2015前期特別展
  田中一光 美の軌跡

      

2015年6月13日(土)~7月20日(月・祝)
    
   休 館 日  6月29日、7月6日・13日(いずれも月曜日)
       ※ムジークフェストなら2015開催期間(6月13日~28日)中は開館
                    
   開館時間 午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで。)

 奈良県出身の田中一光は、現代においても世界中で高く評価されるグラフィックデザインの巨匠です。幼少の頃から書、舞台、茶道といった日本の伝統芸術に親しみ豊かな感性を培ってきました。田中一光の創造の根底には日本文化に連綿と受け継がれてきた美意識が流れています。
 本展では、田中一光の作品を日本の伝統美術というキーワードから照らし出し、併せてその創作の原典とも言える伝統的な日本美術の作品と共に展観します。
 田中一光の創作とそのルーツに多角的に迫る中で浮かび上がる美の軌跡、日本文化の歴史の中で培われた美意識の真髄を感じる機会となりましたら幸いです。
 

 

  

主催:奈良県立美術館
協力:公益財団法人DNP文化振興財団
後援:NHK奈良放送局  奈良テレビ放送株式会社 株式会社奈良新聞社 
       西日本旅客鉄道株式会社 近畿日本鉄道株式会社 阪神電気鉄道株式会社 
     奈良交通株式会社   奈良県商工会議所連合会 奈良県商工会連合会 
         奈良県中小企業団体中央会 株式会社南都銀行  (一社)日本旅行業協会
      (一社)全国旅行業協会  (一社)国際観光日本レストラン協会
        (一財)奈良県ビジターズビューロー 奈良市観光協会
   奈良県旅館・ホテル生活衛生同業組合
         
      
【関連事業】
 ◇講演会「田中一光アーカイブ ー田中一光の遺産を生かすー」(要観覧券)
   講師:木戸英行氏(CCGA現代グラフィックアートセンター・センター長)
    6月28日(日)午後2時~ 

 ◇美術講座「田中一光 美の軌跡」
(要観覧券)
   講師:深谷 聡(当館学芸員)
    7月11日(土)午後2時~

 ◇当館学芸員によるギャラリー・トーク
   6月20日(土)、7月4日(土)、18日(土)午後2時~
(要観覧券)


 [同時開催連携展示]
   
宇陀市との連携展示 ※観覧無料 会場:当館1階ギャラリー
    「芸術家が集う宇陀市~現代の理想郷 室生山上公園芸術の森~」

      空間造形の巨匠ダニ・カラヴァンが設計監修し、公共事業とアートを融合させたパブリックアートの
      好例として注目される「室生山上公園芸術の森」を紹介します。あわせて同公園を着想し、ふるさと
      の風景をこよなく愛した世界的彫刻家井上武吉の出身地、芸術家が集う宇陀市の魅力を紹介します。

     【宇陀市のイベント日程】※各回とも午前10時から午後3時30分まで随時

       6月21日(日) 7月5日(日) 7月12日(日) 7月20日(月)

       宇陀市文化芸術活動体験 (上記期間に開催します。)
        ※詳細は宇陀市役所企画課
Tel0745-82-1362へお問い合わせください。

 

 [ムジークフェストなら2015 連続コンサート] (要観覧券)

    6月13日・15日・16日・25日・26日に、館内にてコンサートを開催します。

    各日とも午後2時30分~ 6月13日のみ午後3時30分~

     ◇6月13日(土)万葉に遊ぶ2015~雅楽と正倉院復元楽器の音色を楽しむ~その弐(正倉院復元楽器)
     ◇6月15日(月)美術館deクラシック(フルート、クラリネット、ピアノ)

     ◇6月16日(火)ティータイムバロック(ソプラノ、チェンバロ)
     ◇6月25日(木)岡本明子ヴァイオリンリサイタル(ヴァイオリン、ピアノ)
     ◇6月26日(金)フルートとギターのプロムナード(フルート、ギター)
  


【観覧料】 
        当    日   団体(20名以上)
     一  般   

      600円

 400円

    大高生  

 400円

 250円

    中小生    

  200円

 150円


         
   
※ 身体障がい者手帳、療育手帳および精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と
  介助の方1名は無料でご覧いただけます。
※ 外国人観光客はパスポート提示により無料。付添の観光ボランテイアガイドの方も無料。
  留学生は無料入館パスポート(まほろばパス)提示により無料でご覧いただけます。


           
【開館カレンダー】

【6月】

   1  2  3  4  5  6
 7  8  9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
【7月】

   2  3  4
 5    7  8  9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
       は、午後5時まで開館 

       は、休館  

       は、展示替え期間のため休館
                 











○展覧会構成

  ー序ー はじまりは舞台
    ・田中一光に美術の世界を決心させたのは、華やかな舞台への興味関心、そして憧れでした。30年以上に
     わたるライフワークとなった「産経観世能」シリーズ等を展観。能面・能衣裳などと合わせて、田中一光
     と舞台の深い縁を紹介します。


     ー花ー
    ・絵画・工芸・染織など、多くの分野で題材となる植物は、デザインにおいても重要な創作の源となりま
     した。田中一光も植物に感性を刺激され、伝統的なモチーフをモダンに昇華した作品を数多く制作しま
     した。

  文字
    ・田中一光は幼い頃から文字に大きな関心を持ち、創作の中でも重要な位置を占めています。漢字・かな・
     アルファベット・数字といった多種の文字を自在に操り生み出される多彩な文字表現を展観します。

  日本のデザインー
   ・茶の世界にも深い関心を寄せた田中一光は、そこに総合的なデザインの世界を見出します。田中一光の
     到達した日本のデザイン哲学から生み出される色彩と形態の極意に迫ります。


      ◇◇◇◇◇ 田中一光作品紹介(いずれも当館蔵)◇◇◇◇◇

                               
       「タイトル不明」      「タイトル不明」        「作品・花」
       ©Ikko Tanaka/licensed by DNPartcom         ©Ikko Tanaka/licensed by DNPartcom                  ©Ikko Tanaka1979/licensed by DNPartcom

 

 

 



                                
   「Nihon Buyo」ポスター  第20回記念 サンケイ観世能」ポスター     「JAPAN」ポスター
    ©Ikko Tanaka1981/licensed by DNPartcom      ©Ikko Tanaka1973/licensed by DNPartcom     ©Ikko Tanaka1986/licensed by DNPartcom


お問い合わせ

県立美術館
〒 630-8213奈良市登大路町10-6
県立美術館TEL : 0742-23-3968