奈良スタットイベントの開催について     
 統計に対する関心や統計リテラシーの向上を図り、エビデンスに基づく施策推進という「統計重視の文化」を全県に定着させ、政策課題解決の一助とすることを目的に、「奈良スタットイベント」を開催します。

平成29年度奈良スタットイベントの開催

●日 時  平成29年11月20日(月曜日) 13時30分~16時00分 

●場 所  桜井市立図書館 研修室1     

●内 容  ・基調講演 慶應義塾大学大学院教授 渡辺 美智子氏
            「エビデンスをベースに政策を考えるための
             統計思考力」

      
・事例発表 (1)保健所の地域診断に基づく市町村支援
                 奈良県中和保健所健康増進課
            (2)「奈良市観光振興計画」策定に伴う分析
                 奈良市観光戦略課
            (3)あいのりタクシーによる取組の効果と今後
                 田原本町総合政策課
             


●参加者  県、市町村職員など約200人

●その他  開会前に歓迎ピアノ&フルートコンサートを行います。

 ★本イベントは終了しました。
  なお、イベントの様子は
こちら
  


奈良スタットジャーナル(第2号)の発行
     
 
 統計の重要性や統計リテラシー向上のための取り組みを、県・市町村職員や県民の方々に広く知っていただくため、第1号(平成28年12月発行)に続き、「奈良スタットジャーナル(第2号)」を発行しました。

★電子データ版はこちらからご覧下さい。
奈良スタットジャーナル(第2号) (PDF:5,063KB)

奈良スタットジャーナル(第1号) (PDF:2,336 KB)

●主な配布先
・庁内各課、市町村
・県民お役立ちコーナー(県内6カ所)
・平成28年度奈良スタットイベント参加者 等