現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. みんなが奈良をもっと好きになるプロジェクトが始動
印刷用ページ表示 印刷する |

奈良県の子どもたちはもちろん、県外に住んでいる子どもたちにも奈良の魅力をもっと、楽しく学びながら知ってもらうため、奈良県教育委員会は、2017年の3月までに奈良の文化財をもっと好きになるデジタルブック「楽しく学べる ならの文化財」を作成しようと、プロジェクトを始動しました!

このプロジェクトが実現すると、県内の高等学校の郷土奈良の伝統、文化等に関する学習「奈良 TIME」、校外学習やフィールドワークでの教材として活用したり、県外の修学旅行生には事前学習の教材としても役立てていただけたり、奈良への観光時にはデジタルブックのエピソードを体で感じ、奈良のすばらしさを心に響かせることができます。


ただ、このプロジェクトを実現させるためには、奈良県にお住まいのみなさんに加え、県外のみなさんのお力が必要です。

広報広聴課からプロジェクト担当の文化財保存課の祐岡(ゆうおか)主任主査にインタビューをおこないながら、みなさんに詳細をお伝えいたします。




祐岡主任主査
文化財保存課の祐岡(ゆうおか)主任主査

このプロジェクトについて説明してもらえますか?

祐岡:2010年に「奈良の遺跡&史跡案内」という本を発行していたんですが、その内容が古くなっています。
この内容を改訂し、中学校・高等学校生向けの教材「楽しく学べる ならの文化財」というデジタルブックを作成するプロジェクトです。


奈良の遺跡&史跡案内

2010年に発行した「奈良の遺跡&史跡案内」

2010年に発行した「奈良の遺跡&史跡案内」
2010年に発行した「奈良の遺跡&史跡案内」


子どもたちのためのプロジェクトなんですね。

祐岡:はい、歴史や文化の専門用語は読み仮名もむずかしいですし、内容もむずかしいイメージがありますよね。

近年デジタル化も進んでいるので、子どもたちにとってよりわかりやすく楽しく学べるデジタルブックを作成するプロジェクトを、古代日本の中心であったこの奈良から発信していきたいと思っています。



子どもたちにとってわかりやすいものをつくることができれば、我々大人やシニアの方にとってもわかりやすい教材ができあがると思うのですが?

祐岡:そうですね。そこも狙いなんです。
大人も奈良のことを楽しく学んで、奈良の魅力の再発見ができます。旅行やおでかけの際に「なぜこの仏像がつくられたのか、お寺がつくられたのか」という背景を知っていると、より楽しみが増えます。

例えば、大仏を建立した聖武天皇と光明皇后の願い、法隆寺に伝わる人々が聖徳太子を慕う想い、古墳の発掘現場から分かる古人(いにしえびと)の祈り など。
エピソードといっしょに建造物やそのゆかりの場所を感じてもらって、奈良のことをもっと好きになってもらいたいですね。



この教材で文化財を学ぶということは、どのような意味があるのでしょうか?

祐岡:「文化財を学ぶ→その背景にある歴史やエピソードに共感する→貴重な文化財を未来へ伝えようとする」そんな展開が考えられます。
学ぶことで、その文化財の価値を理解し、より大切にしようとする。
大切にする気持ちが、文化財の保存や活用に生かされ、文化財をより良いかたちで未来へ伝えることができる。
それが、文化財を学ぶことの意義だと考えます。



県庁展望台からの奈良市の景色
奈良県庁展望台からの奈良市の景色


みんなで創り上げるプロジェクトということですが…??
祐岡:このプロジェクトは、共感していただいたみなさんからの寄付金で、おこなうこととしております。

イメージとしては、聖武天皇が大仏建立の際に目指された「一木一草」の協力をいただくことです。自分のできる範囲で、多くの人からご支援をいただきたいです。
一人の想いが1ページをつくり、それが積み重なって、多くの皆さんの想いや願いがこもった文化財の本ができあがるということになります。

現在「ジャパンギビング」というインターネットサイトで7月31日(日曜日)まで寄付を受け付けているところです。また、聖武天皇のエピソードも「活動報告」で紹介する予定です。ぜひ、アクセスしてみてください。 


 

プロジェクト詳細ページ

http://japangiving.jp/p/4138




寄付をいただいた方へは特典もあるんですか??

祐岡:ジャパンギビングのサイトに詳しく記載していますが、寄付額に応じていろんな特典を用意しています。
例えば、デジタルブックに寄付者のお名前を入れさせていただいたり、通常非公開の現場を含む特別見学ツアーにご招待させていただきます。
5,000円寄付をいただくと、製本したもの(非売品!)を1冊進呈いたします。

祐岡:さらに、「ふるさと納税」と同じように、控除上限額の範囲内での寄付であれば、2千円を超える部分は所得税と住民税が控除されます。





最後に、この記事を見ていただいている方へメッセージをどうぞ

祐岡主任主査

祐岡:このプロジェクトを奈良を見直す機会にしてください。
奈良で生活をしている人ほど、奈良の魅力に気がついていないことが多いです。

県庁の前を天然記念物である鹿が堂々と歩いていて、これほどたくさんの社寺や仏像がたくさんある地域は他に見当たりませんし、奈良県には貴重な文化財がたくさんあります。

国宝件数は199件、重要文化財を含めると1320件、ともに全国第3位です。

特に、国宝の建造物(件数)と彫刻はどちらも全国第1位ですし、重要文化財も彫刻で全国第1位です!
このように、奈良県は文化財をテーマにするとたいへん魅力的なところなのです。この奈良をもっと好きになるプロジェクトにご参加いただき、一緒に奈良の魅力を再発見しましょう。

このプロジェクトに共感いただけた方は、ぜひ下のプロジェクト詳細ページへアクセスしてください!



プロジェクト詳細ページ

http://japangiving.jp/p/4138




(記事投稿者)
奈良県教育委員会
文化財保存課 
総務企画係 祐岡
電話番号 0742-27-9864 

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100