現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 「森野藤助」没後250年記念事業が成立
印刷用ページ表示 印刷する |
森野旧薬園

森野旧薬園

現存する日本最古の私設植物園である、宇陀市・森野旧薬園




この薬園を開設した森野家当主・森野藤助(とうすけ)の没後250年記念事業を開催できることとなりました!

奈良県庁は、クラウドファンディング(不特定多数の人がインターネット経由で人や組織に財源の提供などを行うこと)を活用し、7月1日(金曜日)から「ジャパンギビング」というインターネットサイトでみなさまから寄付金を募集していましたが、寄付開始21日目の7月21日(木曜日)に早くも寄付金額が目標上限の90万円を達成しました!





初代 森野藤助
初代 森野藤助
八代将軍徳川吉宗が推進した「薬種国産化政策」の一端を担いました


※奈良県庁ホームページ内の「せんとくんマガジン 日本最古の私設の薬園 をつくった森野藤助」で紹介していますので、まだ記事を読まれていない方はぜひご覧ください。




奈良県庁薬務課からのメッセージとお礼

みなさまのお力添えによりこの事業が成立し、講演会を開催できることを心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
サポーター52名と、直接お会いした沢山の方々に「応援してますよ!」とのお声をいただきました。
みなさまからの想いのこもったお言葉と、これだけ多くの金額のご支援いただきましたこと、厚く厚くお礼申し上げます。


奈良の地は、古代から草根木皮を薬として加工・利用してきた地であり、現在の薬業界につながってまいりました。
今、日本各地を元気にするため「地方創生」と叫ばれる中、地域の特性にあった事業展開が重要です。





薬草(生薬)は、人が健やかに暮らすために必要なものであり、人を幸せにするもの

ヤマトトウキ
ヤマトトウキ


薬草文化とも言える奈良の歴史と伝統を生かし、薬草を軸に裾野の広い事業展開で、奈良県の地域活性化を目指したいと思っています。
今回の講演会を通じて、薬草の重要性と活用のヒントを広く知っていただき、日本各地の地域を元気にしていければと考えています。
今後は、みなさまからのご助言もいただきながら記念事業を盛大に開催したいと思っています。

2017年1月に奈良と東京の会場で講演会を開催いたしますので、みなさまのご参加をお待ちしております!





講演会概要

講演会名

森野藤助没後250年記念講演会 ~ 藤助 未来へのメッセージ ~



奈良会場

開催日時

2017年1月18日(水曜日)

会場

東大寺総合文化センター(金鐘ホール)
奈良市水門町100

講師

髙橋京子氏(大阪大学准教授)ほか

その他

パネル展示、奈良県産の薬草を使った商品など




東京会場

日時

2017年1月28日(土曜日)

会場

奈良まほろば館2階
東京都中央区日本橋室町1-6-2


講師

髙橋京子氏(大阪大学准教授)

その他

パネル展示、奈良県産の薬草を使った商品など




(記事投稿者)
奈良県庁薬務課
振興係 立本
電話番号 0742- 27-8673

 

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100