現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 転職しても満足!社会人経験者採用試験の先輩に聞く!
印刷用ページ表示 印刷する |

奈良県人事委員会では、8月31日(水曜日)まで2016年度の奈良県職員社会人経験者採用試験の申込みを受付中です。

これは社会人経験者を対象とした採用試験で、民間企業等で多様な経験や専門的知識、技術を培った方を「即戦力」として採用し、県民136万人の暮らしを支え、よりよい奈良県、魅力的な奈良県にしていくことを目指すためのものです。


今回の記事では、実際に過去に社会人経験者採用試験を受験した職員にインタビューを行い、志望動機や奈良県職員になって良かったこと等についてお伝えしたいと思います。

ぜひ申込みの参考にしてください!




小川主査(平成23年度採用 現在37歳)


所属
東京事務所(奈良まほろば館)情報発信課

経歴
平成14年4月 民間企業(旅行会社)に就職
平成23年4月 奈良県入庁、公共工事契約課(土木部)配属
平成27年4月 東京事務所(総務部知事公室)に異動





現在の担当業務について教えてください
小川:東京・日本橋にある奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」で、奈良県の観光情報発信業務、特に修学旅行の誘致に携わっています。

前職の旅行会社では教育旅行を担当していたため、学校や旅行会社が考えていることを理解していることが強みです。

前職の経験を生かしながら、首都圏の旅行会社や学校、関係機関を訪問し、奈良の魅力をアピールしています。


奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」
東京・日本橋に位置し、首都圏をはじめ多くの方に奈良の旬の観光情報を提供。
社寺の秘仏秘宝特別公開やお祭り、イベントなどの観光情報、アクセス方法を案内。観光コンシェルジュが随時相談に応じる。

四季折々の奈良の魅力を体感できるイベントや知識を深めてもらうための講演会も開催。
特産品を取り揃えた販売コーナーでも歴史と情緒あふれる奈良の四季折々の魅力に触れることができる。











修学旅行誘致で利用しているパンフレット





奈良県庁の職員を志望した理由は?
小川:旅行会社で多くの観光地を訪問し、各自治体の担当者と一緒に仕事をする中で、彼らが地域の活性化のために観光客を取り込もうと奮闘している姿を見て、観光客の誘致という仕事に興味を持ったのがきっかけです。

そんな時に、自分が住んでいた奈良県で社会人採用経験者採用試験があることを知り、自身の経験を生かして働くことができると思い志望しました。

受験当時の採用パンフレット

受験した当時の職員募集パンフレット





採用試験の対策はどうしていましたか?
小川:筆記試験については問題集を購入して勉強しました。

特に数的処理の問題については学生以来の勉強だったため、重点的に繰り返したと思います。

面接については、自分の経験や県庁で経験を活かしていきたいこと等を整理しておきました。





奈良県職員になって良かったこと、民間企業との違い等は?
小川:県庁の業務は多岐に渡ります。最初に配属された公共工事契約課では法律に関わる場面が非常に多く、民間にいた時には決して関わることのなかった業務やそれに伴う知識を身につけることができたと思います。

また前職では年間の約4分の1が出張だったのですが、奈良県職員になり家族との時間を多く取ることができたり、地元をベースに働くことができるという安心感があるのも魅力です。


仕事内容の面では
、前職では目標が完全に数値化されていたため、その達成に向けて段取りを組むようにしていました。県庁の仕事は全てが数値化できるわけではないですが、目標設定の共有や進捗状況の確認はそれぞれの職場で工夫していく必要があると思います。






最後に、奈良県庁の職員への転職を考えている方へのメッセージをお願いします。



小川:奈良県を志望する理由はそれぞれだと思いますが、奈良県庁で様々な仕事を経験して奈良県をより良くしたいと考えている方も、得意分野で奈良県を舞台に活躍したいと考えている方も、民間企業等での経験を生かすことができる幅広いフィールドが奈良県庁にはあります。

働きながら試験勉強をするのは大変ですが、奈良県の発展のためにぜひ一緒に働きましょう!





2016年度 奈良県職員社会人経験者採用試験概要

奈良県職員社会人経験者採用試験

受験対象者
昭和56年4月2日から昭和62年4月1日までに生まれた方
※その他の受験資格については、試験案内をご覧ください。


採用予定人数
  • 総合職(行政)…10人程度
  • 総合職(土木建築)…5人程度

 

 

試験内容(筆記試験と口述試験)

総合職(行政)
  • 1次試験:教養試験、論文試験、集団面接、適性検査
  • 2次試験:グループワーク、個別プレゼンテーション面接

 

総合職(土木建築)
  • 1次試験:論文試験、集団面接、適性検査
  • 2次試験:グループワーク、個別面接

 

 

試験日程・開催場所

第1次筆記試験

2016年9月25日(日曜日)
県立畝傍高校(橿原市八木町)


第1次口述試験等

2016年10月23日(日曜日)
奈良県自治研修所(奈良市大安寺)


第2次口述試験

2016年11月20日(日曜日)
奈良県自治研修所(奈良市大安寺)



申込方法

8月15日(月曜日)午前9時から8月31日(水曜日)正午までに、以下から電子申請により申込みをおこなってください。

https://s-kantan.com/pref-nara-u/offer/offerList_initDisplay.action
 



(問い合わせ先・記事投稿者)
奈良県人事委員会事務局
任用審査係 齊藤
電話番号 0742-20-4430

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100