商店街を社交の場に!御所駅前・新地商店街で「2日間だけのオープンシャッター」を開催します

 
 

 御所駅前の新地商店街にて、複数の空き店舗を家主からお借りして、2日間の期間限定で空き店舗のシャッターを開けて店舗実施実験を行う「2日間だけのオープンシャッター」を開催します。 昨年度から開催しているこの取り組みは、御所市役所、奈良県、御所市商工会、新地商店街との協働で行うものです。

 

 初回(H29.5月実施)は、「行政と民間との協働による店舗空間形成」、第2回(H30.3月実施)は、「社交の場の形成」をテーマにしてきました。

 今回は、それに加えて御所市主催商人塾生による初の出店チャレンジや新地商店街店舗も協賛セールを実施するなど、まちぐるみでの取り組みとして実施します。 
 ぜひ、出逢いを楽しみに、商店街にお越しください。


◆日時
 平成31年3月9日(土)10日(日) 10時~17時(売り切れ次第終了となる商品もあります)

◆場所
 御所市新地商店街内の5店舗
 アクセス:近鉄御所駅から東へ50m、JR御所駅からは南へ約20m

 ※車で来場される場合は、御所市役所及びアザレアホール駐車場をご利用ください。
 
◆実施内容
 ○実験店舗J <野菜販売+靴下や葛菓子、貝ボタンなどメイドイン奈良の商品>
 ○立ち飲みおでん <おでん、日本酒などを楽しんでいただけます>
 ○グリーン&カフェ <苔玉等販売とカフェ>  
 ○将棋会館 <お子様から、女性の方、初心者の方まで、お気軽にお越しください>

 ○仏像グッズの店 <仏像をモチーフにしたブローチ等の雑貨をお楽しみください>
 

 前回開催時の様子①  前回開催時の様子②  前回開催時の様子③
 ※前回開催時の様子 

◆主催:御所駅前商店街元気プロジェクト(御所市、奈良県、御所市商工会、新地商店街)
◆事務局:御所市企画部商工観光課  0745-62-3001(内線642)

空き店舗を活用した複合型SPA※「実験店舗」について

 


「実験店舗J-TEIBAN Collective」は、平成29年1月から、行政と県内のブランディングに取り組む県内の製造業者(奈良ブランド開発支援事業参加)、将来お店を開業する目的で参加している方々(商人塾参加)が連携して、商店街の空き店舗を改装し、期間限定で御所市新地商店街にオープンしました。

「実験店舗J」で展開するのは、これまで下請けなどを中心としてきた県内の中小のメーカーが、「ヒットを目指すのではなく、作り手と使い手の双方が愛着を感じるロングセラーを目指すモノづくり」を目指し、それぞれにファンを獲得することを目指す取り組みから生まれた商品です。接客は、商人塾生、ものづくりの事業者の方々などが、交代で行っています。
ものづくりの事業者の皆さんの想いの詰まったお店です。
複合型SPA、空き店舗対策、商店街の活性化など、様々な課題を背景に実証実験をしています。 

※SPA(speciality store retailer of private label apparel
製造小売業と訳されるSPA。「実験店舗J」は、複合型(約20社)の事業者で、商品ラインナップを確保し、運営しています。


※平成30年6月1日より、お店の名前が「実験店舗J」から「Buon Cose(NARA TEIBAN)」に変わりました。

【実験店舗】
店舗名:Buon Cose(ボンコセ) NARA TEIBAN
場 所:御所市新地商店街内の旧荒物店(Buon Cose の看板が目印)
           御所市新地町163 (近鉄御所駅側から商店街に入り、東に50m)

定休日:水・木
営業時間: 11:00~17:00  
取扱商品:鞄、靴下、貝ボタン、葛菓子、大和茶、鉄の小物、ペーパーフォルダー、組木細工、
     薬湯、サプリメント、ミントジェル、麻スカーフ、麻ふきん、婦人服etc

 

           Buon Cose

 

◆お店に関するお問い合わせは、下記産業振興総合センターまで。

 ○問い合わせ 奈良県産業振興総合センター商業・サービス産業課:Tel 0742-31-9084
        (平日8時半~午後5時15分)

●実験商店街 「二日間だけのオープンシャッター」
御所市中心部の新地商店街でH29.5.27、28、空き店舗を利用した期間限定の実験店舗をオープン。

①「御所駅前・商店街元気プロジェクト」として、県と市、商店街、商工会、奈良ブランド開発支援事業の参加事業者、商人塾生の塾生との「協働」によって、一定の賑わいが生まれる商業空間をつくれることが確認出来ました。
②地域住民、登下校する児童・学生、定期的に御所市を訪れる元御所市民などから多くの支持を頂きました。
③日本全国に広がるシャッター商店街という社会的状況の中で、御所の新地商店街の再生を図りたいという想いで、それぞれが損得勘定抜きで力を合わせて取組んだ結果、参画者の全員が次のステップも踏みたいという気持ちを持つに至りました。

表  裏面のチラシ

御所の店舗改装について H28年秋

 

御所の実験店舗は、行政、商人塾生など民間と官民協働して改装作業を行いました。
壁や床には既存のものを使わない、光と影が交錯するようにし、空間に立体感を出す、といったことに注意して、居心地の良い空間をつくりました。

○改装前
gose kaisoumae   gose kaisomae02

○改装作業
gose jikkentenpo01  gose jikkentenpo02 

○改装後
gose kaisougo  gose kaisogo02