奥大和の「食」の魅力発信!

 

「奥大和」という地域をご存知ですか?

奈良県では、県の南部・東部地域を「奥大和」と呼んでいます。


奥大和

県北西部の奈良盆地と比べ、人口少ないですが、自然豊かで様々な魅力が詰まっています。
新鮮な農作物も豊富にある地域です。



10月16日(日曜日)に奥大和の野菜や加工品、料理などが販売する「エンガワ・マルシェ」というグルメイベントを開催されました。

イベント会場の様子
イベント会場の様子


料理販売の様子
料理販売の様子




このイベント主催の奈良県庁移住・交流推進室の担当者に話を聞きました。

奈良県庁移住・交流推進室の田中主査
奈良県庁移住・交流推進室の田中主査

エンガワ・マルシェの「エンガワ」は、どんな意味なんですか?

田中:この会場となっている施設の名称が「奥大和移住定住交流センター」といって、「地方と都会」「地域の人と移住したい人」をつなぐ場所です。

住宅の縁側が、住む人訪れる人のちょうど中間地点となっていること、人の交流場所になっていることから施設の愛称を「エンガワ」としました。

今回のイベント名も「エンガワ・マルシェ」としていて、奥大和の「食」を県内外の人に来てもらい、知ってもらいたいという想いからおこなっています。


engawaの内観
engawaの内観


奈良県奥大和移住定住交流センター「engawa」
engawaの外観

奈良県奥大和移住定住交流センター「engawa」
(橿原市常盤町605-5)








奥大和の食の魅力を発信するエンガワ・マルシェは、今回はじめてのイベントで、会場には宇陀市や五條市などの8団体が参加しています。

五條市・石井物産の「柿日和」

砂糖など使用せず、五條の柿のおいしさをそのまま表現されています。



宇陀市・パティスリーアナンダの「キッシュ」

サクサクの生地に、宇陀市産の玉ねぎ・ほうれん草・人参・椎茸などの食感が合っています。



宇陀市・パティスリーアナンダの「東吉野産のヨモギを使ったマロンパン」

年配の方だけでなく、若い方にも人気!



 

来場者に聞く!奥大和の「食」の魅力とは?

  • 水が美味しいし、空気の環境が違うからそれだけ畑の土も違うと思うので、野菜も美味しいというイメージで購入します。
  • 食文化をアピールするのは良いことですね。
  • もっと自然の野菜を紹介してほしいです。

 

また、イベント会場には奈良県キッチンカー「大和のキッチン」が出動。この車は、地域食材をPRするために導入されたもので、この日は奈良健康ランドのシェフの特別メニューが味わえました。


奈良県キッチンカー「大和のキッチン」


奈良健康ランド・奈良プラザホテル統括総料理長の関谷幸司さんにお話を伺いました。

関谷幸司さん
関谷幸司さん

 

キッチンカーでは、どんな食べ物を提供されているんですか?

関谷:奈良の南部・東部地域「奥大和」の野菜と、ジビエと言われる猪や鹿などのお肉を使って良いものをみなさんにリーズナブルに食べてもらおうとこのキッチンカーを使って提供しています。

ご家庭では野菜を「どのように食べたら良いか」と悩むこともあるかと思うんですが、ここでは簡単に誰にでもできる工程で気軽に食べてもらおうと提案しています。




野迫川産の松茸と猪のコンソメスープ
野迫川産の松茸と猪のコンソメスープ


こちらのスープも奥大和の食材を使っているんですか?

関谷:そうなんです。野迫川村の松茸なんですよ。今回初めて使ってコンソメと合わせてみたら非常に風味のある良い松茸のスープが取れて美味しくできあがりました。





五條産の野菜とイノシシ肉を使ったジビエハンバーガー

ハンバーガーになすとしろなを合わせるのは珍しいですね?

関谷:普通のハンバーガーだったら、レタスとトマトとかなんですけど、やっぱりこの猪肉に合う野菜を考えたときに、五條のしろなとなすが非常に相性が良かったんです。

肉は、五條市の食肉加工施設「ジビエール」から「使用しにくい部分を加工して美味しく消費者のみなさんに届けられないか」と相談がきまして、それで豚肉を25%ブレンドしてより食べやすくみなさんに親しんでもらえるような味わいに仕上げました。



関谷さんは、奥大和の食材に、どんな魅力を感じていらっしゃいますか?

関谷:奈良の方でも知らない方が多いと思うんですね。
しかし、奈良の南部・東部の土壌が非常に野菜に適しています。
そして猪や鹿や、そのような生き物たちがその山で生き続けています。

もっといろいろなものを奈良の人たち、特に子ども達に食べてほしいと思っています。
こんな良い食材があることをアピールしたいですし、恵まれた土地をもっと全国にアピールしていきたいと思っています。


関谷さん




奈良健康ランドの料理フェア「Elef OKUYAMATO」のご案内

奥大和御膳
奥大和御膳


今回のイベントに参加していた奈良健康ランドでは、奥大和地域の食材を活かした料理フェアを奈良健康ランド館内のレストラン「桃源郷」で11月20日(日曜日)まで開催しています。
奈良健康ランドのレジャープールで楽しんだり、岩盤浴でリフレッシュしたい…」そんなあなた。奈良のおいしいものも一緒にどうですか??
五條市産の大和野菜や猪肉が入った豆乳鍋が付いた「奥大和御膳」をはじめ、奥大和の「食」の魅力をふんだんに感じていただけますよ。

奈良健康ランド
電話番号:0743-64-1126


続きを読む
奥大和御膳
奥大和御膳


今回のイベントに参加していた奈良健康ランドでは、奥大和地域の食材を活かした料理フェアを奈良健康ランド館内のレストラン「桃源郷」で11月20日(日曜日)まで開催しています。
奈良健康ランドのレジャープールで楽しんだり、岩盤浴でリフレッシュしたい…」そんなあなた。奈良のおいしいものも一緒にどうですか??

奈良健康ランド
電話番号:0743-64-1126


続きを読む





(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課
放送制作係 辻本
電話番号 0742-27-8056

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしてね!



このエントリーをはてなブックマークに追加

45303.htmこの内容は動画でもご覧いただけます

せんとくん通信ロゴ画像 奈良県内で、おいしい食、健康づくり、まちづくり、文化・歴史などの分野で活動されている人や地域のみなさんを紹介しています!

今回の記事の動画のリンク先
せんとくん通信ロゴ画像
 奈良県内で、おいしい食、健康づくり、まちづくり、文化・歴史などの分野で活動されている人や地域のみなさんを紹介しています!

今回の記事の動画のリンク先

こちらで更新情報をお届けするよ!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

Facebook・Twitterのタイムライン

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100

Facebookページ まるごと奈良県へのリンク(Facebookサイトへ移動します) Twitterアカウント せんとくんのつびやきへのリンク(Twitterサイトへ移動します)

地域情報テレビコーナー せんとくん通信へのリンク
奈良県フォトニュース
奈良県フォトニュース