現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 県民に感動を与える個人・団体と県民憧れのシニアを表彰
印刷用ページ表示 印刷する |


2016年11月13日(日曜日)、奈良市内の東大寺総合文化センター 金鐘ホールで「第7回あしたのなら表彰/ならビューティフルシニア表彰式典」を開催しました。
 
奈良県庁は、県全体を元気にしていくため、奈良のPRや魅力向上に寄与する活動や地域での社会貢献、また元気や感動を与えてくれるような活動を行っている個人または団体を「あしたのなら表彰」として、また年齢を重ねた「美しさ」を感じさせ、憧れるようなシニアを「ならビューティフルシニア表彰」として顕彰しています。




開会・主催者である奈良県 荒井知事からのあいさつ



「あしたのなら」「ならビューティフルシニア」を表彰させていただこうと思いついてから今回で7回目を迎えました。

奈良県は「健康寿命日本一」を目指しております。
シニアの方々に健康でいていただくためにお出かけしてもらおう、野菜を食べてもらおう、楽しく過ごしてもらおうと思って取り組んでおります。
本日は、健康でイキイキと活動されている方々を見習わさせていただいたり、あしたのならをつくっていただいている方々も表彰できることを嬉しく思っております。

本日は、表彰式典にお集まりいただきありがとうございます。




第7回ならビューティフルシニア表彰の受賞者からの活動発表

安達 孝雄さん(83歳、奈良市在住)
平成16年に地元で発生した小学校1年女児拉致殺害事件を機に、「集団登下校見守り活動」のシステムを策定し、実施を主導されました。
その後、他県から講演、研修会講師、シンポジウムのパネリストなどの依頼を引き受けられ、10年間で講演回数は71回にも及ばれます。
現在も、育児世代の女性と子どもの貧困問題、児童生徒の自殺問題、児童生徒の不登校問題に力を注ぎながら活動をしておられます。



喜多 千代子さん(91歳、大和高田市在住)

葉月会を設立し、現在は月1回4カ所へ俳句の指導に行っておられます。平成6年と平成26年に句集1号2号「土筆」を出版されました。
和菓子製造業卸と小売の家業において、今も配達に行っておられ、91歳の現在も車の運転をしておられます。
また、趣味として日本舞踊を28年間続けておられます。
平成25年には大和高田市文化功労賞を受賞されました。


亀谷 音一さん(102歳、御所市在住)

76歳で「山仕事」を終え、地元の老人会の役を務めながらグラウンド・ゴルフに出会い、以降続けておられます。
お住まいの山間部にグラウンド・ゴルフをするのに適した土地がなかったため、地元の小学校に日参し、練習場を確保されました。
チームの立ち上げから運営に10数年携わられ、現在約40名の会員を有しておられます。
プレーすることが楽しく、97歳で出場した大会では4位に入賞されました。
また、100歳の時には全国大会で岐阜県に遠征されました。




吉岡 敏子さん(73歳、天理市在住)

31年前に乳がんを患った際、乳がん患者の会「あけぼの会」に入会されました。
平成6年に奈良支部を立ち上げられ、平成19年には「あけぼの奈良」として独立されました。
月に1度、相談会「あけぼのハウス奈良」を開催され、2ヶ月に1度再発治療中の方の「ひだまりサロン」も実施されています。
毎年、母の日キャンペーンとして、乳がんの早期発見・早期治療の啓発活動も行っておられます。



宮前 清和さん(91歳、平群町在住) 

教員生活を終えてすぐ、生まれ育った平群町で長寿会の活動に参加されました。
平成13年からは平群町長寿会連合会会長を2年間務められました。
ボランティアとして地域の集会などで手品を披露されていたこともあり、平群町長寿会連合会に「手品クラブ」を設立され、初代代表を務められました。
幼稚園、介護施設、自治会など各方面からの出演要請も増え、多くの方に楽しんでいただいておられます。




橋本 順子さん(79歳、天理市在住)

65歳から長寿会の仲間入りをされ、校区の女性部長、天理市長寿会連合会の副会長、女性部長、奈良県老人クラブ連合会の女性部副部長を務めておられます。
幼稚園教諭を退職後、六十の手習いとして始められた書道は、お母様の介護と重なりながらも20年続けられ、今では土曜日・月曜日は家で、その他は公民館に出向いて指導をするほどになっておられます。
また、介護予防の取り組みとして、「ふれあい教室」でボランティア活動をされています。



第7回あしたのなら表彰の受賞者からの活動発表

石井 正信さん(69歳、田原本町在住)
古事記をわかりやすくするため色紙絵を制作されるなど、色紙絵や太安万侶伝を通して、古事記の世界にわかりやすく楽しくふれてもらう活動を展開。
執筆や講演などのほか、古事記にいきづく和の心を次の世代を担う子供たちに伝えるため、「子ども古事記教室」にも注力されています。



坂本 大祐さん(41歳、東吉野村在住)
奥大和地域の魅力、自らの移住体験を県内外に情報発信し、奥大和地域の認知度を向上させ、8組14名の移住者を呼び込むことに貢献。
「オフィスキャンプ東吉野」をデザイン、シェアオフィスの運営を任される等、幅広い活動で地域住民と都市住民をつなぐ役割を担われています。



鴨都波神社 鴨の宮若衆会(平成5年設立、御所市所在)

18~50歳のお祭りと、お祭りを通じて地域の人たちと関わることが大好きな男女45名で構成。県指定無形民俗文化財「ススキ提灯献灯行事」の継承や大神輿渡御の復興に取り組み、地域コミュニティの活性化に貢献。国内各地でススキ提灯演舞を披露し、奈良をPRされています。




奈良・人と自然の会(平成13年設立、奈良市所在)

151名の会員が、「大和の自然を愛します」をスローガンに、放置された里山の除間伐、植樹、竹林整備、田畑の復元などに取り組み、歴史的風土の保存及び里山景観の創出に貢献。
子供たちの稲作体験学習や自然観察会など、良好な自然環境を次世代に受け継ぐ活動も展開されています。 





深野○○(まるまる)会(昭和62年設立、宇陀市所在)

集落存続への危機感から30年前より、地域環境美化、伝統行事の継承、都市住民の受入れ、ビオトープ整備、ササユリの保護等に地域一体となって取り組み、空き家ゼロの村を実現。
団体の活動が、「にほんの里100選」「プロジェクト未来遺産」認定につながり、地域の価値を創出されています。 




ジャズピアニスト 秋満義孝さんのトーク&生演奏


秋満義孝さん(87歳)





ピアノ・ベース・ドラムのトリオで演奏していただきました。



ジャズを楽しむ受賞者・観客






表彰式の様子


ならビューティフルシニア表彰式では、まず安達孝雄さんに知事から表彰状とトロフィーを贈呈。
その後各受賞者にも表彰状とトロフィーを贈呈しました。




亀谷音一さんと荒井知事
また、この日の活動発表で最高感動賞が亀谷音一さんに贈られ、メダルを贈呈しました。




つづいて、あしたの奈良表彰受賞者の、石井正信さんに表彰状とメダルを贈呈。
その後各受賞者に表彰状とメダルを贈呈しました。




また、あしたのなら表彰特別賞として、県立王寺工業高等学校の生徒会副会長の村本宗太郎さんに表彰状を贈呈しました。


県立王寺工業高等学校の活動内容

王寺町観光PRロボット用のアプリ開発、悠久の鐘制作、イベント用ミニ列車制作、小学生への夏休み工作教室開催、中学校と連携した「あいさつ+1運動」、クリーン活動など、地元や行政と連携した様々な活動を自主的・継続的に実施し、地域の魅力向上・活性化に寄与されています。 






県立吉野高等学校のよしの調査隊のリーダー井上晴貴さんにも「あしたのなら表彰特別賞」として表彰状を贈呈しました。


県立吉野高等学校よしの調査隊の活動内容

吉野地域の魅力を発見し、フェイスブックなどで情報発信し、ふるさとへの愛着や課題解決につなげることを目的に結成。高校生自らが取材を行い、地域理解を深めながら活動されています。活動がきっかけで生まれた産官学協働プロジェクト「文様割箸」はグッドデザイン賞を受賞。 



 

吉田修 選考委員会委員長からの講評

選考委員会委員長の吉田修さん(天理医療大学学長)からの講評内容

今回で7回目になりますが、今年も魅力的な活動をされている個人・団体が多く、選考委員はその中から受賞者を選ぶことが難しかったです。
選考委員全員が納得するまでじっくり時間をかけて話し続け、受賞者を決定させていただきました。
受賞されたみなさんは、誰かに言われたからでなく、自主的に主体的に活動を始められているところが本当にすばらしい。
「あしたのなら」「ならビューティフルシニア」のみなさんには継続して活動をおこなっていただき、このような活動が広がり、活発になるようにしていただければと思います。




荒井知事から閉会のあいさつ

受賞者のみなさん、本日は本当におめでとうございます。
とても気持ちが良く、清々しい気持ちになりました。

ならビューティフルシニア受賞者のみなさんに比べると私は若いですが、長生きしていて良かったと感じさせていただきました。
ありがとうございました。


最後は、受賞者のみなさんと会場のみなさんが一体となって『上を向いて歩こう』を合唱しました


秋満さんのピアノ演奏で会場全員で合唱しました。



動画でもご覧いただけます。


第7回あしたのなら表彰 2016年11月13日(日曜日)



第7回ならビューティフルシニア表彰 2016年11月13日(日曜日)



(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課
放送制作係 池田・辻本
電話番号 0742-27-8056

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100