保育士試験合格者に対する実技研修

1 目的

保育士試験により資格を取得した保育士の方は、実務経験がないことから、実技のスキルや知識が少なく、保育士として働くことに不安を感じることが多くなり、それが保育所等に就職するにあたってのハードルになっていると考えられます。しかし保育人材が不足するなか、保育士試験により資格を取得した保育士も、奈良県にとっては重要な人材であるため、就業前の保育士試験合格者に対して、実技の講習を行うことで、保育人材の確保を図りたいと考えています。

 

2 事業内容
 1.保育士として必要な保育の知識や技術の基本を習得する。
 2.乳幼児期の保育の実際について学び、保育現場での具体的な課題や事例を参考にして豊かな人間性と専門性を持った保育士をめざす。
 3.保育所における保護者・家庭とのパートナーシップ・保健・医療機関・家庭保育・地域子育て支援等の基礎について理解する。

 対  象 保育士試験合格者(就業前) 
  
 ■研修内容
  ・奈良県の保育所の現状
  ・指導計画の基本的な考え方
  ・保育所保育における健康と安全
  ・保育の実際(調乳、おしめ交換など演習)
  ・保育現場で使う簡単な手遊び、歌遊び
  ・アンガーマネジメント
  ・作って遊ぶ簡単な製作
  ・保育所見学
 
 開催日 平成30年2月26日(月)~3月2日(金)【5日間】
 
  ■定 員 50名


※詳細な日時・場所、募集方法等は後日お知らせさせていただきます。