件名 阿倍仲麻呂伝「天空の月」の屋内での公演

みなさまから寄せら

 平城京天平祭・秋にて、平成28年11月3日に公演された阿倍仲麻呂伝「天空の月」を


れたご意見の概要 拝見しました。

 平成28年6月に平城京歴史館にて公演された時、このお芝居を拝見し、強く印象に

残っており、再演を期待していたところ、今回の文化の日に、第一次大極殿前のステー

ジで公演があると知り、たいへん楽しみにしていました。

 遣唐使一行の出立までを演じられた作品ですが、阿倍仲麻呂たちの、これからのそ

れぞれの運命、人生について、もっと観たいという気持ちが強くなりました。

日本の文化や政治を築いて行くために、唐に渡り志を究めようとする彼らの姿を、壮大

な歴史劇として、ぜひ公演していただきたいです。

 屋外の舞台では、表現に難しい部分もあるでしょうが、もし、ホール、会館等での公演

ならば、もっときめ細かく豊かな舞台になるのではないでしょうか。

 そして、奈良の子どもたちに1300年前にこんな勇気と意欲にあふれた若者たちがいた

ことを、舞台を観劇することで知ってほしいです。

 教科書に数行で書かれた歴史を、舞台を観ることで強く印象に残し、学んでほしいと


思います。

受付年月日: 2016年11月21日

回答

 平城宮跡へのご来場、また阿倍仲麻呂“遣唐”1300年記念プロジェクト オリジナル


劇のご感想をいただき、ありがとうございます。

 阿倍仲麻呂“遣唐”1300年記念プロジェクトは、平城宮跡の歴史を、遣唐使を通じて

発信していくことを目的に第9次遣唐使派遣(717年)より1300年の節目を迎える2017年

の前後において取り組んでいるものです。

 今回のオリジナル劇は第1弾として公演したものであり、来年は第2弾、第3弾を平城

宮跡内にて実施することを検討しています。

 現段階では第1弾同様、平城宮跡内の屋外ステージでの公演を検討中ですが、屋内

での公演についてもご意見を参考にさせていただきます。

 今後ともさらなる平城宮跡のPRに務めてまいります。

 なお、今後の展開は随時、当プロジェクトのホームページ

http://heijo-kyo.com/nakamaro/)で発信していきますので、楽しみにして頂ければ

いです。

担当課
113まちづくり推進局

2350平城宮跡事業推進室

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100