県の文化施設イベント情報
橿原考古学研究所附属博物館、万葉文化館、民俗博物館、美術館は、障害者手帳をお持ちの人と介助者1名は入館無料。橿原考古学研究所附属博物館、万葉文化館は、外国人観光客(留学、長期滞在含む)は入館無料。民俗博物館は高校生以下と65歳以上の人、外国人観光客(留学、長期滞在含む)は入館無料。そのほか、各施設の展示内容により無料となる場合がありますので、HP等でご確認ください。
各施設の入館は閉館30分前まで。料金の( )は、20人以上の団体料金。
民俗博物館
大和郡山市矢田町545
TEL 0743-53-3171   FAX 0743-53-3173
9時~17時   月曜
URL www.pref.nara.jp/1508.htm
 
2月25日(土曜日)

3月26日(日曜日)
<季節展>
「ひなまつり―人形たちの宴―」
一般200(150)円 大学生150(100)円 ※高校生以下無料
展示解説 2月26日(日曜日)・3月12日(日曜日)
各日13時30分~
古民家でひな祭り 2月18日(土曜日)~3月5日(日曜日)
※入園は16時まで
無料
早春おはなし会―おひなさまの前で―
3月5日(日曜日)13時30分~
 申込不要・無料

[会場]旧臼井家住宅
実技講座
「大和機(やまとばた)で麻布を織る―材料作りから織りまで―」
4月8日~第2・第4土曜(1年間・全20回)
10時30分~15時30分
 要申込・定員8人(抽選)・受講料11,000円
往復ハガキで3月14日~3月30日(必着)に当館へ。
古民家でひな祭り
古民家でひな祭り
万葉文化館
明日香村飛鳥10
TEL 0744-54-1850   FAX 0744-54-1852
10時~17時30分   月曜・2月28日(火曜日)
URL www.manyo.jp/
 
開催中

2月26日(日曜日)
<展覧会>
万葉コレクション展 新しき仲間たち4
新たに当館に加わった所蔵品や、今までに寄贈いただいた作品、大亦観風(おおまたかんぷう)筆『万葉集画撰(まんようしゅうがせん)』など約90点の作品を紹介します。
―般600(480)円
大・高生500(400)円
中・小生300(240)円
井上稔«雪の朝»
井上稔«雪の朝»
当館蔵
万葉文化館サミット 万葉古代学が目指すもの
2月12日(日曜日)14時~(13時30分開場)

申込不要・先着150人・無料

[パネリスト] 寺川眞知夫さん(同志社女子大学名誉教授)
上野誠さん(奈良大学教授)
松尾光さん(中央大学・早稲田大学非常勤講師)
井上さやか(当館指導研究員)
万葉癒やし空間13~万文コンサート~ タンゴの魅力
2月5日(日曜日)14時~(13時30分開場)
申込不要・先着250人・無料

奈良フィルハーモニー管弦楽団のメンバーによる演奏
 
詳しくは  万葉文化館  検索
橿原文化会館
橿原市北八木町3-65-5
TEL 0744-23-2771   FAX 0744-25-6801
9時~17時   木曜
URL kashibun.jp
1人500円・要予約(2月12日締切)
 
2月19日(日曜日)
音楽による奥大和の魅力発信
「ストリングスで誘う源流の地」
豊かな自然とともに、多くの文化・歴史遺産にも恵まれた奥大和。そんな奥大和に、アコースティックギターや二胡の透明感あるストリングスサウンドが聴衆を誘います。
(1)GONTITIコンサート 13時~(12時30分開場)[大ホール]
(2)野沢香苗コンサート 16時30分~(16時開場)[小ホール]
【チケット好評発売中】
チケット料金・取り扱いなど詳しくは、電話かHPで。
(当日券は当館でのみ取り扱い)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
GONTITI
GONTITI
野沢香苗 
野沢香苗 
県立美術館
奈良市登大路町10-6
TEL 0742-23-3968[テレホンサービス TEL 0742-23-1700]
FAX 0742-22-7032   9時~17時
月曜   URL www.pref.nara.jp/11842.htm
 
開催中

3月15日(水曜日)
<企画展>
「祈りの美~清水公照・平山郁夫・杉本健吉…」
華厳宗(けごんしゅう)管長・東大寺別当を務めた宗教家 清水公照、日本画の巨匠 平山郁夫、洋画家 杉本健吉による祈りをテーマとした作品を展示。奈良の歴史・文化の魅力をご紹介します。
一般400(300)円
大・高生250(200)円
中・小生150(100)円
清水公照«修中絵日記»
清水公照«修中絵日記»
ミュージアムコンサート 各日14時~ 無料
2/ 12(日曜日)こうちゃん&ウッキー(ポップス)
18(土曜日)津軽三味線やまびこ(和楽器・津軽三味線)
19(日曜日)ぴくにっく(オカリナアンサンブル)
26(日曜日)le Collage(サクソフォン8重奏)
※詳しくはHPで。
「時代衣装で歩く!奈良きたまち歴史発見ツアー」
2月11日(祝)・18(土曜日)・19(日曜日)各日14時~16時

要申込・各日先着20人・500円

時代衣装は着用自由。
衣装は貸し出しあり。
(開催3日前までに要予約・衣装代は別途必要)
申込方法・時間・コースなど詳しくは下記へ。
NPO法人 文化創造アルカ
TEL 0742-22-9080
FAX 0742-22-9081
「ようこそ!きたまちマーケット」2月11日(祝)11時~16時
奈良きたまちの素敵なお店とその仲間たちが大集合!
14時~若草中学校吹奏楽部によるミニコンサートも。
[場所]美術館前庭
図書情報館
奈良市大安寺西1-1000
TEL 0742-34-2111   FAX 0742-34-2777
9時~20時   月曜・2月28日(火曜日)
URL www.library.pref.nara.jp/
 
経営者トーク~地域が元気になるってなんだろう~
2月18日(土曜日)13時30分~15時(12時30分開場)

要申込・先着200人・無料
[講師] 藤沢久美さん(シンクタンク・ソフィアバンク代表)
中川政七さん((株)中川政七商店代表取締役社長)
[コーディネーター]名草康之(当館副館長)
ビブリオバトル#75 テーマ「計画」
2月18日(土曜日)13時30分~(13時開場)
要申込・無料
館長公開講座「図書館劇場」XI第6幕
3月26日(日曜日)13時~(12時開場)

要申込・先着200人・500円

[講師] 岡島永昌さん(王寺町生涯学習課文化財係長)
「図書館資料に見る、100年前の聖徳太子御忌(ぎょき)」
千田稔館長「薬師寺を考える」
都築由美さん(朗読)
HP申込フォームかFAX、来館で。イベント名(ビブリオバトルは発表か観覧か)を明記し、住所・氏名・電話番号を上記へ。
電話申込可(ビブリオバトルを除く)。
世界のブックデザイン2015-16
3月14日(火曜日)~4月27日(木曜日)

日本をはじめ世界6カ国の優れたデザインの書籍約180点を展示。あわせて造本装幀(ぞうほんそうてい)コンクール50周年記念展も開催します。
橿原考古学研究所附属博物館
橿原市畝傍町50-2
TEL 0744-24-1185   FAX 0744-24-1355
9時~17時   月曜
URL www.kashikoken.jp/museum/
 
2月4日(土曜日)

3月20日(祝)
<特別陳列>
「ヤマトの戦士―古墳時代の武器・武具―」
県内から出土した古墳時代の武器・武具を展示・紹介します。
一般400(350)円
大・高生300(250)円
中・小生200(150)円

[会場]当館特別展示室
新沢115号墳/甲冑
新沢115号墳/甲冑
特別陳列「さわって体感考古学!」も同時開催 無料
さわれる展示品や点字による解説をとおして、視覚障害をもった人にも博物館を楽しんでもらえる展示です。
期間中、展示解説会を実施します。
[会場]講座室
平成29年度 橿原考古学研究所附属博物館
常設展示の解説ボランティア募集中!
県内在住で満20歳以上(平成29年4月1日現在)の人を20人程度募集します。全3日間の事前研修(3月7日~3月9日予定)の受講が必要です。
応募方法など詳しくは電話かHPで。2月14日締切(必着)。
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら