件名 奈良公園内へのホテルの建設

みなさまから寄せら

 奈良公園内に高級ホテルが建設される、というニュースを見て、愕然としました。


れたご意見の概要  観光客のために、観光地そのものを破壊してしまうという矛盾が生じていると思われ

ます。その観光地というのも、日本人にとってかけがえのない特別な場所であるのに、

それを一番理解していると思われる奈良県が、目先の利益のためにそんなことをする

のでしょうか。

 すでに東大寺周辺の路地がなくなって、以前の佇まいが台無しになってしまっていま

す。

 逆に観光バスすら閉め出して、その地を守り、観光客を増やす、というような方向で考

えられないのでしょうか。

受付年月日: 2017年1月23日

回答

 ご指摘の事業は、国指定名勝奈良公園の環境を維持・向上するための事業であり、


宿泊施設の整備を主目的にしておりません。法を遵守し、整備内容や方法について、

多くの関係者に広く意見を伺い、尚且つ、有識者や文化庁に深く意見を伺いながら検


討を進めている事業です。一部報道、特定の団体が指摘するような、リゾートホテル


開発、閑散な環境を壊す整備には決してなりません。


 奈良公園は、明治期、住民有志が興福寺旧境内の環境を守るため花樹を植えたこ


とを契機に誕生した公園です。この精神を引き継ぎ、県は、世界遺産と一体となった公


園の環境を守るとともに、十分に利活用することを目的に「奈良公園基本戦略」を策定


し、世界に誇れる公園となるよう取組を進めています。


 計画地は、公園(約500ha)の南端(約1.3ha)に位置し、竹林の繁茂や塀の倒壊によ


り環境が損なわれているだけでなく、倒木による人身事故が発生するなど、十分に管


理が行き届いていない状況にあります。


 このため、計画地内の公園を代表する大正期作庭の庭園を復元し、一般の方々に


開放するとともに、敷地内の一部に興福寺子院があった往時を偲ばせる宿泊施設を


整備することが、環境の質を高めると考えています。


 また、交通渋滞の緩和については、パークアンドバスライドも含め、様々な取組を進


めています。特に、奈良公園への観光バスの流入を抑制するため、現在、バスターミ


ナルの建設を進めており、平成30年度に完成予定です。


担当課
113まちづくり推進局

2340奈良公園室

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100