件名 県障害者芸術祭の「害」の表記

みなさまから寄せら

 2月5日の県政フラッシュで 県障害者芸術祭のイベントについての放送がありました


れたご意見の概要 が、「障害者」の「害」という表記はあまり印象がよくないと思うので、「障がい者」に訂正

された方が良いかと思います。

受付年月日: 2017年2月8日

回答

 「障害」の表記につきましては、「障がい」、「障碍」などの表記方法があり、その在り


方について様々な意見があることは承知しております。

 当該表記につきましては、内閣府においても、平成22年に『「障害」の表記に関する


作業チーム』が設置され、精力的な議論が行われたところですが、歴史的変遷や様々


な見解がある状況を踏まえ、平成22年11月22日付けの検討結果報告書において、


『法令等における「障害」の表記については、当面、現状の「障害」を用いること』とされ


たところです。


 本県におきましては、そのような状況に鑑み、また、『「障害者」の「障害」とは、その


人が害のある人という意味ではなく、心身の機能の障害や様々な社会的障壁によって


日常生活や社会生活を送る上で制限を受けていることを表している』という意味で、


「障害」の表記を採用しておりますので、ご理解の程お願いいたします。


 なお、奈良県では、ひとりひとりが障害のことを理解して、それぞれの立場でできる


配慮や工夫をすることにより、障害のある人にとって暮らしやすい社会になるように、


「奈良県障害のある人もない人もともに暮らしやすい社会づくり条例」を制定しました。


 また、障害や障害のある人への理解を深めてもらい、必要な配慮や手助けを実践す


るまほろば「あいサポート運動」を進めているところです。


 今後も社会の動向を注視しつつ、検討・取組を進めて参りたいと考えております。


担当課
103地域振興部

1280国民文化祭・障害者芸術文化祭課

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100