件名 観光客増加のための取り組み

みなさまから寄せら

 海外から訪れる観光客が増えていますが、奈良はそのルートから外れていると言わ


れたご意見の概要 れています。

 そこで、「5000年前からの日本を探索する」と銘打ち、主な観光地(奈良公園、唐招提

寺、薬師寺、法隆寺、橿原神宮、明日香村等)を30分間隔で巡回するバスの運行、各

観光地への貸し自転車の設置、英語・中国語・韓国語等の説明表示やガイドの設定、

見やすいホームページの作成、観光業者等へのPR、けばけばしい観光地ではなく、

しっとりした観光地としての楽しみの提供、というような取り組みを行ってはいかがで

しょうか。

 当然、景観条例などを整備し、不適切な広告の撤去なども必要かと思います。

 また、奈良市内に英語等が通じるビジネスホテルの完備、夜が楽しめる施設の充実

等もあれば、日帰りの観光客だけではなくなると思います。

受付年月日: 2017年3月24日

回答

 訪日外国人観光客はここ数年急増しており、奈良県を訪れる外国人観光客は全国


的な伸び以上に増加しております。奈良公園周辺は多くの観光客で賑わいを見せてお

りますが、一方で県内の他の地域への周遊には十分に繋がっていない状況です。そこ

で、県では、県内各地に魅力ある観光地が数多くあることをPRするため、英語による

HP(Visit Nara)を作成するとともに、海外の旅行エージェントへのPR活動など積極的

な活動を行っているところです。また、観光施設での多言語対応として、電話による多

言語通訳サービスの導入や施設案内等の翻訳支援の実施、観光客への観光情報の

提供と宿泊場所の提供などを行う奈良県外国人観光客交流館の運営など、外国人観

光客対応を推進しているところです。特に、奈良県外国人観光客交流館においてレンタ

サイクルや中南和周遊バスツアーの実施など県が率先して取り組んでいます。

 平成29年度より地域の取組を支援する補助制度を創設するなど、観光地奈良を楽し

んでいただけるよう、いただいたご意見も参考にしつつ創意工夫しながら積極的に取り

組んでまいります。

 景観条例について、奈良県では、奈良県屋外広告物条例を制定し、屋外広告物の適

正化に務めています。個別の屋外広告物の設置許可や違反指導は、地方分権による

権限委譲から、それぞれの市町村が担っています。

 屋外広告物の適正化は、奈良県の魅力向上の重要な要素のひとつであると考えられ

ることから、市町村と協働し、これまでは県内周遊の際に重要な軸となる広域幹線道路

の交差点周辺において集中的な屋外広告物制限に取り組んでまいりました。

 今後は、それらの取組を交差点から道路沿線全体へ広げ、奈良らしい風格のある沿

道景観形成に、順次取り組んでまいります。

 引き続き、奈良県の観光行政に対し、温かいご支援をいただきますようお願いいたし

ます。

担当課
104観光局

1310ならの観光力向上課

109景観・環境局

1820景観・自然環境課

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100