件名 鉄道駅のバリアフリー化促進

みなさまから寄せら

 鉄道駅のバリアフリー化が各地で進められていますが、コスト面の問題もあるため、


れたご意見の概要 ターミナル駅を除いては、行政が積極的に実施すべき施策です。

 しかし、同程度の輸送量であっても、路線や区間によっては、バリアフリー設備が完

備されている駅やほとんどない駅など、駅によってばらつきがあります。

 そのため、改めて自治体には促進を要望します。また、市町村の協力も不可欠だと

思います。

 県内で言えば、JR平城山駅、JR畝傍駅、JR香芝駅、JR御所駅、JR五条駅、近鉄前

栽駅は多機能トイレ、エレベーターやスロープといったバリアフリーの設備が不十分だ

と思われますので、重点的な対策を要望します。

受付年月日: 2017年3月13日

回答

 バリアフリー法に基づく「移動等円滑化の促進に関する基本方針」では、1日の平均


利用者数が3,000人以上の鉄道駅について、平成32年度までに、原則として全てにつ

いて、段差の解消等のバリアフリー化を実施することが定められており、「奈良県公共

交通基本計画」においても同様の整備目標が定められています。

 JR香芝駅、JR五条駅、近鉄前栽駅については、平成27年のデータでは1日の平均利

用者数が3,000人以上となっており、バリアフリー化の整備目標を踏まえ、平成32年度

までにバリアフリー化を実現したいと考えています。

 バリアフリー化の円滑な推進のためには、国、地方自治体、鉄道事業者による三位

一体の取組が重要であると考えており、県としてもバリアフリー化の整備目標を踏ま

え、引き続き必要な支援、協力を行ってまいります。

 上記方針を踏まえ、この度いただきましたご意見・ご提案に関しましては、今後の施

策・取組を検討する際の参考とさせていただきます。

担当課
112県土マネジメント部

2170地域交通課

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100