件名 県内の宿泊施設不足解消のための発掘調査

みなさまから寄せら

 奈良県では、近隣府県に宿泊施設が多数用意されているため、宿泊施設不足への


れたご意見の概要 対策が疎かになるというような意見が多数あると思います。

 県内には、埋蔵文化財が包蔵されている地域があると思いますが、宿泊施設不足解

消のために、手間はかかりますが、発掘調査を行い、都市再開発に活かすようにでき

たら良いのではないでしょうか。

受付年月日: 2017年3月8日

回答

 埋蔵文化財は、国や地域の歴史と文化の成り立ちを明らかにするうえで欠くことので 


きない国民の共有財産として位置付けられています。

 既に遺跡の存在が確認されている周知の埋蔵文化財包蔵地において開発工事を行

う場合、文化財保護法に基づき事業者が工事に先立ち届出を行い、県教育委員会が

工事内容に応じて工事に職員が立ち会うか、工事に先だって発掘調査を行うか等の取

り扱いを決定します。

担当課
117教育委員会事務局

2780文化財保存課

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100