件名 奈良の観光地の魅力向上

みなさまから寄せら

 この前テレビのニュ-スで、奈良県内の宿泊数が近畿では最低なので、宿泊施設を


れたご意見の概要 建設する必要があると報道されていましたが、本当に宿泊施設不足が原因なのでしょ

うか。

 宿泊者数が少ないのは、奈良県の観光地にそれだけの魅力がないからではないで


しょうか。宿泊してでも見たい、感じたいと思える魅力があれば、もっと宿泊者数が増え

ているのではないかと思います。

 単に宿泊施設が足りないから、というのはおかしいと思います。今の奈良県に宿泊す

るだけの魅力は感じません。昼間に観光するだけで十分満喫できるレベルですし、そ

れならば、昼間は古都奈良を観光し、夜は他府県で遊び、泊まります。

他府県のように、奈良県で夜も楽しめる施設等というと何があるでしょうか。

 歴史好きな人であれば宿泊してくれるかもしれませんが、そういった人以外は無理だ

と思います。

 いつまでも世界遺産・古都・自然だけ売りにして、努力もせずに宿泊施設不足だけの

せいにしても、また無駄なお金を使うだけではないでしょうか。

 税金はもっと有効に使ってください。

 もっと今の宿泊施設の稼働率を上げる努力をしたらと思います。それで足りないよう

なら、新しく建てる必要があると思います。

受付年月日: 2017年5月9日

回答

 観光局としては、奈良県を訪れた観光客の宿泊率の低さを懸念しており、奈良に宿


泊・周遊してもらうために環境整備を行っております。

  具体例としては、パンフレットや旅行商品作成などの魅力創成を行う地域の支援を

行っています。また、冬の奈良に訪れてもらうために観光局が主体となり、大立山まつ

りを開催しています。

 加えて、今ある宿泊施設の質向上に向けて、口コミサイトやSNSでの苦情の収集・分

析を行い、問題点を洗い出し、改善に向けて取り組んでいるところです。

担当課
104観光局

1400ならの観光力向上課

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100