件名 奈良公園の鹿による人身事故対策

みなさまから寄せら

 鹿による外国人観光客の人身事故が増加しているとの状況に、県では看板の増設


れたご意見の概要 等で対応するようだが、被害者の多くが鹿せんべいをエサに写真を撮ろうとして事故が

起きている、という実態を考えると、鹿せんべいの販売業者に購入者へ注意文書(チラ

シ)を同時に配ってもらうほうがコスト・実効面では有効ではないだろうか。

 いくら看板を増やしても、見ている観光客は少ない。販売業者が注意文書であると喚

起して手渡せば、被害は自己責任に帰すこともできると思う。

 もっとコストパフォーマンスと効果を考えた対策を望む。

受付年月日: 2017年5月23日

回答

 鹿による人身事故のうち、外国人の件数が7割強となっています。このため、既設の


看板以外にも「鹿せんべいの上手な与え方」などを示す鹿との適切なふれあい方に関

する移動式の啓発看板を、多言語表示で販売箇所周辺に掲示する予定です。また、ボ

ランティアによる見廻りにおいても、同様の掲示内容を示すとともに声かけを行っていき

たいと考えています。

 なお、ご提案のチラシの配布は、鹿が食べてしまう可能性もあるため行いません。

 さらに、鹿との適切なふれあい方については、看板の他に英語・中国語・韓国語・フラ

ンス語の啓発動画を奈良公園ホームページや奈良公園フリーWi-Fiで公開したり、外

国人観光客交流館「猿沢イン」等で上映し、啓発を行っています。

担当課
113まちづくり推進局

2540奈良公園室

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100