奈良の輝く企業×起業
白く真っ直ぐな想いを届けたい
株式会社 坂利(さかり)製麺所
坂口 利勝(さかぐちとしかつ)さん

素麺(そうめん)づくりのきっかけ
 坂利製麺所は、周囲を山々に囲まれた東吉野村で昭和59年から手延べ素麺を作っています。元々この地域では林業が盛んでしたが、11月の中頃から雪が降り始め、山での仕事は危険で作業ができないことから冬季はほとんど収入が得られませんでした。そんな中、母が素麺づくりを習いにいっていたことや、冬季でも地域の人たちで作って、売り時の夏まで保存できることなどから素麺を作り始めました。
こだわりの素麺
 子どもにも安心して食べさせたい!という思いから、原材料にはこだわっており、100%国産の小麦粉を使用しています。ただ、いくら原材料にこだわっても美味しくなければ意味がないので、麺の断面などの形状も一つ一つ考えています。最初は本当に知識もなく手探り状態でしたが、どのような食感が良いのか、素麺になったときに美味しいと感じるにはどうすれば良いのかということに気を配っています。
つやとコシをぜひ味わってみてください
つやとコシをぜひ味わってみてください
自然豊かな東吉野村の本社
自然豊かな東吉野村の本社
オリジナル商品にもチャレンジ
 いろんな人に坂利製麺所の素麺を味わってもらうため、さまざまなオリジナル商品を開発しています。
 「フリーズドライにゅうめん」はお湯を入れて3分で湯がきたての麺が手軽に味わえます。作った当初はカップ麺が100円以下で売られるなかで300円超えはありえない!と散々言われ、事業の進め方に悩んだこともありました。しかし、高くても良いものであることなどアピール方法にも工夫を凝らし、航空会社のファーストクラスでも採用されました。
これからの坂利製麺所
 素麺づくりを通して地域を守っていきたいです。私たちの素麺を味わっていただき、坂利製麺所を知ってもらうことが地域の発信につながるのはもちろんですが、それだけでなく、地域の働き口としての役割や移住体験ができる宿泊施設の整備、地域の情報発信など、村を訪れてもらい、移住してもらえるような取り組みを進めています。
 自分たちだけではなく、いろんな人に寄り添いながら、素麺づくりで培ったものを分かち合えればと思います。
国産小麦で作ったにゅうめん、地元特産の吉野本葛入りの素麺、うどんなど、原材料を吟味し、自信を持って商品をお届けしています。商品は下記HPなどで購入できます。
画像
国産小麦手延べ素麺
株式会社 坂利製麺所

【本社】
東吉野村瀧野507
 
【営業所】
天理市西長柄町676
 
TEL
0743-67-0129
FAX
0743-67-1495
URL
www1.enekoshop.jp/shop/sakari/
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、大光宣伝株式会社(TEL:0120-540-888)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501奈良市登大路町30
報道係TEL : 0742-27-8325
広報紙係TEL : 0742-27-8326FAX : 0742-22-6904
放送制作係TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤルTEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら