現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 大人も子どもも楽しめます!「平城宮跡歴史公園」オープン
印刷用ページ表示 印刷する |
【ナラプラス現地リポート】

奈良時代の政治・文化の中心だった「平城宮跡」。その表玄関ともいえる朱雀門の前に広がる「朱雀門ひろば」などの整備が完了し、3月24日に「平城宮跡歴史公園」が開園しました。

今から約1300年前、朱雀門前の広場は、奈良時代の人々にとってかけがえのない祝祭の場でした。外国使節の送迎や、大勢の人たちが集う歌垣などが行われ、新年には天皇が門まで出向き、新年を祝うこともありました。

メインストリートだった「朱雀大路」と「二条大路」が復原整備され、奈良時代の景観を彷彿とさせる空間が復活。朱雀大路を挟んで東側は「平城宮いざない館」が、西側は「天平うまし館」などの観光交流施設が登場し、新たなにぎわいの拠点としてよみがえりました。


道幅74m!広大な「朱雀大路」も復原されました

広大な朱雀大路

「朱雀門ひろば」では、平城京を南北に貫くメインストリート「朱雀大路」も往時の姿が復原されました。道幅は74m、両側に柳が植えられています。そのスケールの大きさから、華やかな都の姿がイメージできます。


シンボルの復原遣唐使船に乗船できる「天平うまし館」

復原遣唐使船
朱雀大路の西側に位置する「天平うまし館」では、遣唐使の歴史解説のコーナーを見てから、平城宮跡歴史公園のシンボルでもある「復原遣唐使船」へと乗り込めます。水とスモークの演出で、水面を進んでいるかのようです!

復原遣唐使船に乗船
復原遣唐使船の甲板にも出られます。全長30mの大きな船ですが、ここに多くの人が乗り込んで海を渡ったと考えられています。過酷な航海だったことが想像できます。

天平うまし館
この他、「天平うまし館」では、公園の景色を楽しめるカフェとレストラン、企画展を行なう交流スペースなども設けられています。アニメーション作品「波濤を越えて ~遣唐使の航海~」も上映されています。


■天平うまし館
・開館時間: 9時30分から18時まで(カフェ、レストランは22時まで営業)
・休館日:年中無休
・入館料:無料



お土産に!奈良の特産品が並ぶ「天平みつき館」

天平みつき館
「天平みつき館」では、奈良県内の特産品、平城京ゆかりの物品などが販売されています。広々と買い回りやすく、ゆったりお土産物を探せます。また、奈良県内の観光情報のインフォメーションも設置されています。


■天平みつき館
・開館時間: 9時30分から18時まで(物販は21時まで営業)
・休館日:年中無休
・入館料:無料


ジョギングやサイクリングを楽しめる「天平みはらし館」

レンタサイクル
「天平みはらし館」では、レンタサイクル貸出所、ジョギング・サイクルステーションなどが設置されています。サービスを開始した「奈良バイクシェア」の申込もこちらから。西大寺駅の近くや春日大社駐輪場などにサイクルポートが設置されていて、観光に気軽に利用できます(窓口からの利用の場合、1日パス:2,000円)。


■天平みはらし館
・開館時間: 9時から17時まで
・休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日から1月4日
・入館料:無料


大人も子どもも楽しめます!「平城宮いざない館」

平城宮いざない館
朱雀大路の東側には「平城宮いざない館」が誕生しました。平城宮跡歴史公園の意義とすばらしさ、平城宮の往時の姿などを伝え、往時の面影を残す平城宮跡へといざなうガイダンス施設です。歴史や自然、それを取り巻く人々など、多面的に平城宮が紹介されています。

平城京のようす
平城宮の巨大な復原模型などが見られる「平城宮のようす」コーナー。大型映像や平城宮一日絵巻など、奈良時代の雅な世界が楽しめます。

往事のいとなみコーナー
「往時のいとなみ」コーナーでは、平城宮の中心となる建物「第一次大極殿」の復原にあたって製作された、5分の1サイズの巨大な構造模型が中央に配置されています。

木簡作成コーナー
お子さんなどでもさまざまな体験を楽しめる工夫も。こちらは画面上に書いた自分の文字が、木簡の一文字として表示されます。遠く感じる奈良時代をすこし身近に感じられるでしょう。

瓦ふき体験コーナー
「瓦ふきを体験しよう」では、大極殿などの屋根に使われた瓦をパズルのようにして、構造を学べる仕組みです。この他、建物の組物(くみもの)のパズルや、瓦の文様を紙に写し取るコーナーなどもあります。

時を超えてコーナー
「時を越えて」コーナーでは、奈良文化財研究所による発掘調査・研究により明らかになってきた平城宮・平城京の姿を、出土品や資料によりわかりやすく紹介しています。

棚田嘉十郎銅像
「平城宮いざない館」の前に立つ「棚田嘉十郎(たなだかじゅうろう)」氏の銅像。平城宮の保存活動に尽力した、奈良の恩人というべき方です。その功績を紹介するコーナーもありますので、ぜひ注目してみてください。


■平城宮いざない館
・開館時間: 10時から18時(入館は17時30分まで)
※夏期(6月~9月)は18時30分まで開館
・休館日:2月・4月・7月・11月の第2月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日から1月1日
・入場料:無料


■「平城宮跡歴史公園」交通案内
・近鉄大和西大寺駅南口から徒歩約20分です。
・近鉄奈良駅・JR奈良駅西口から、路線バス学園前駅行きにて「朱雀門ひろば前」下車。
・近鉄奈良駅・JR奈良駅西口から、ぐるっとバス(土日祝日を中心に20分間隔で運行)「朱雀門ひろば」下車。


(リポート・写真 / ナラプラスライター N)


(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 髙塚・金田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100