現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 祝80周年!橿原考古学研究所附属博物館で特別展を開催中!
印刷用ページ表示 印刷する |
【ナラプラス現地リポート】

昭和13(1938)年に行われた橿原遺跡の発掘調査を契機に創立された「橿原考古学研究所」は、今年で80周年を迎えます。

これを記念して、橿原考古学研究所附属博物館では、考古学・古代史研究の新たな1ページを切り開いた貴重な資料を選び、80周年記念特別展「古代の輝き-日本考古学と橿考研80年の軌跡-」が開催中です。

春季・秋季の2回にわけて実施され、開催中の春季展では、旧石器時代~古墳時代中期までの資料を、秋季展(10月6日~11月25日)では、古墳時代後期、飛鳥・奈良時代を中心とした資料が展示されます。

日本歴史を再発見・再構築し、広く伝えてきた橿原考古学研究所。その80年の歩みに触れられる、充実した内容です!


橿原考古学研究所の80年の歩みに触れる特別展

特別展チラシ

橿原考古学研究所創立80周年記念 春季特別展「古代の輝き-日本考古学と橿考研80年の軌跡Ⅰ-」のチラシ画像。
正面には大きく金製品と瑠璃色のガラスの器、裏面にはユーモラスな土偶や銅鐸・鏡・冑などが配されています。どれも歴史的に貴重な出土品ばかりです!

完全な形で見つかったノコギリクワガタも!

ロビー展示
展示の第Ⅰ部は「近年の重要遺跡調査」と題されており、その一部はロビーにも。御所市の「中西遺跡・秋津遺跡」の水田跡から出土した、埋没林の樹根です(弥生時代)。紀元前379年に枯死したものと推定され、火で焼きながら幹を切った焦げ跡も見られます。発掘当時の写真なども見られ、とても興味深いです。

樹根のノコギリクワガタ
同じ「中西遺跡・秋津遺跡」の別の樹根からは、ほぼ完全な形のノコギリクワガタも見つかっています(こちらは縄文時代)。体長約63.5mmと大型で、いまにも動き出しそうなほどきれいに遺っています!

馬見型尖頭器
巨大な展示物がある一方で、こんな小さな発見も。河合町「馬見ニノ谷遺跡」(旧石器時代)から出土した尖頭器です。製法や形に特徴があり「馬見型尖頭器」と命名されています。

観音寺本馬遺跡出土品
橿原市と御所市にまたがる「観音寺本馬遺跡」(縄文時代)の出土品。土壙墓や石棒・石刀、漆塗りの木製品などとともに、愛らしい土偶が出土しています。京奈和自動車道の工事によっていろんな発見があったことがわかります。

考古学史に刻まれる重要な出土品が並びます

展示第2部
展示の第Ⅱ部は「学史に輝く 県内遺跡の調査」。橿原考古学研究所が発掘に携わった、県内の名だたる遺跡の出土品が並んでいます。

ガラス皿
中央のガラスケースに単独で展示されていたのは、橿原市「新沢千塚 126号墳」から出土したガラス皿(東京国立博物館所蔵)。表面には文様の痕跡も見られます。正倉院の宝物にも瑠璃色の器はありますが、それよりも早い時期に埋納されているのですからすごいですよね!

橿原遺跡出土品
橿原考古学研究所の設立のきっかけとなった、橿原市「橿原遺跡」(縄文時代)の出土品。橿原神宮などの整備事業の際に出土したものです。この他、天理市「布留遺跡」、吉野町「宮滝遺跡」、田原本町「唐古・鍵遺跡」など、教科書に登場するような遺跡の出土品もずらりと並びます。

纒向遺跡出土品
邪馬台国の女王・卑弥呼との関連が注目される、桜井市「纒向(まきむく)遺跡」からの出土品も。手前に見える大きな板は、箸墓古墳へと伸びる「箸墓大溝」の護岸用などに用いられたもの。古墳造営のための運河に使われたと考えられています。

黒塚古墳出土品
34面もの銅鏡など大量の副葬品が出土した、天理市「黒塚古墳」。三角縁神獣鏡の実物なども見られます(文化庁所蔵、奈良県立橿原考古学研究所保管)。発見当時は大きなニュースになり、その調査結果は現在の研究にも大きな影響を与えています。

島の山古墳出土品
川西町「島の山古墳」から出土した、首飾りや玉、鏡など。上部の写真にあるように、合計133点もの腕輪形石製品が見つかっています(文化庁所蔵、奈良県立橿原考古学研究所保管。常設展示コーナーで大量に見られます)。副葬品の内容から、被葬者は女性であると考えられるとか。

五條猫塚古墳出土品
5世紀中葉の方墳、五條市「五條猫塚古墳」から出土した、金銅装蒙古鉢形眉庇付冑(奈良国立博物館所蔵)なども。美しく金色に輝いていて、千年をゆうに超えるものとは思えない美しさです。全体的に展示内容は渋めですが、どれも考古学史上でもトップクラスの貴重なものばかりで、見どころたっぷりでした!

常設展示も豪華!ミュージアムショップも充実

常設展示コーナー
常設展示コーナーでは、旧石器時代から平安・室町時代まで、橿原考古学研究所の発掘調査で出土した実物資料などが見られます。常設展示はどなたでも写真撮影も可能です(一部撮影不可)。

藤ノ木古墳出土品
6世紀後半の円墳、斑鳩町「藤ノ木古墳」から出土した金銅製品の数々(文化庁所蔵、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館保管)も、本物が展示されています。

将棋の駒
ユニークなところでは、奈良市の興福寺旧境内から見つかった将棋の駒なども見られます。11世紀後半ごろに埋められたゴミ捨て穴から見つかったもので、現在のところ日本最古の将棋の駒なのだとか!

ミュージアムショップ
ミュージアムショップでは、個性的なグッズが並びます。展示中の縄文クワガタや弥生時代の切り株をモチーフにした「おけいこバック」、オリジナルデザインの屋外で使いやすい手帳「野帳」など。ぜひ好みの考古学グッズを探してみてください!


橿原考古学研究所創立80周年記念 春季特別展「古代の輝き-日本考古学と橿考研80年の軌跡Ⅰ-」

●会期:2018年4月21日(土曜日)~6月17日(日曜日)
●会場:奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 特別展示室
●時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)
●休館日:月曜日
●料金:大人 800円、高校・大学生 450円、小・中学生 300円

【関連】研究講座
●第2回:5月20日(日曜日)13時から16時30分
・「研究所の80年と奈良盆地の旧石器・縄文時代」光石鳴巳氏(奈良県教育委員会文化財保存課調整員)
・「私を考古学に誘った恩師たち-橿考研の研究風土で育った70年-」宮川徏氏(奈良県立橿原考古学研究所共同研究員)
●第3回:6月10日(日曜日)13時から16時30分
・「桜井市外山茶臼山古墳・メスリ山古墳が語るもの ~橿考研 青年期の発掘調査から~」白石太一郎氏(大阪近つ飛鳥博物館館長)
・「桜井市纒向遺跡と箸中山古墳(箸墓)」石野博信氏(元奈良県立橿原研究所副所長)

※申込不要、参加無料

【関連】列品解説
●日程:5月19日(土曜日)、6月9日(土曜日)、6月16日(土曜日)
●時間:各日とも、10時30分から11時、15時から15時30分の2回

※申込不要、入館料が必要


交通案内

「奈良県立橿原考古学研究所附属博物館」(橿原市畝傍町50-2)は、近鉄橿原線「畝傍御陵前駅」から徒歩約5分。または、近鉄南大阪線「橿原神宮前駅」から徒歩約15分です。

(リポート・写真 / ナラプラスライター N)


(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 髙塚・金田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100