現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 華やかな天平行列!平城宮跡で『平城京天平祭 春 2018』が開催されました
印刷用ページ表示 印刷する |

華やかな都がよみがえる!約400人が参加した大規模行列

【ナラプラス現地リポート】

「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録されている平城宮跡で、5月3日~5日まで「平城京天平祭」が開催されました。

5月3日は、天平衣装をまとった奈良時代の歴代天皇と貴族、文武百官などが華やかに練り歩く「平城京天平行列」、4日は面をつけた人々などが歩く「天平風流行列」、5日はこどもの日らしく「天平こども行列」が行われました。
さらに、イベント期間中は、地元奈良の味が楽しめる「東市・西市」や、第一次朝堂院での「天平綱引き大会」(4日のみ)など、楽しい催しが多数行われました。イベント初日の3日の様子をレポートします。


天平祭1
きらびやかな衣装に身を包んだ歴代天皇と貴族、文武百官が練り歩く「平城京天平行列」。衛士や楽士が先導し、「平城遷都之詔」を発した元明天皇のグループに始まり、元正天皇・聖武天皇・光明皇后・孝謙天皇・淳仁天皇・称徳天皇・光仁天皇、最後に遣唐使節団の順番で、朱雀大路から第一次朝堂院までゆっくりと進みます。

天平祭2
元明天皇の娘・元正天皇(715-724)のグループ。天皇や女性貴族の衣装も凝っていて、時代ごとに特色があります。明日香村・高松塚古墳の極彩色壁画に描かれた女官の姿を連想させます。

天平祭3
朱雀大路を進んだ行列は、朱雀門を越えて第一次朝堂院へと向かいます。この行列には、県内の大学や企業などから約400人が参加。奈良時代の衣装を身にまとった方たちがこれほど見られる機会はなかなかありません。華やかでした!

天平祭4
色とりどりの衣装を身にまとった女性貴族たち。手には顔を隠すための道具(さしば)を持っています。至近距離から見られるので、繊細な衣装の文様などもはっきりとわかります。

天平祭5
第一次朝堂院の近くまで行くと、元明天皇が輿(こし)から降りてきます。その周りを、長さしばを掲げて天皇のお顔を隠す「奉翳女孺(はとりのにょじゅ)」が囲みます。

天平祭6
第一次朝堂院に集まった文武百官と女性貴族たち。遠くに第一次大極殿の姿も見えて、まるで映画の撮影のよう!

天平祭7
女性貴族たちも勢揃いします。人数が多いだけに迫力があります。

天平祭8
元明天皇が発した「平城遷都之詔」を少納言が読み上げます。
「方(まさ)に今、平城の地、四禽図(しきんと)に叶い、三山鎮(ちん)を作(な)す。亀筮(きぜい)並びに従う。宜しく都邑(とゆう)を建つべし。(大意:平城の地は、東西南北の四神に守られ、三方山々に囲まれた縁起のよい土地である。占いに従ったものだ。さあ共にいい都づくりをしよう!)
平城京に都を作ることを高らかに宣言し、また順番にその場を辞していきます。

天平祭9
写真は孝謙天皇のグループ。「平城京天平行列 -平城遷都之詔-」は、2時間半(10時30分から13時)かけて行われました。風が強く参加者の皆さんも大変なようでしたが、見守っていた人たちからは口々に「きれい!」という声が聞こえ、大盛況のうちに終えました。

美しい天平衣装をまとった方々を間近で拝見できます

天平祭10
天平行列は、第一次朝堂院の南側基壇で終了し、集合写真の撮影などが行われます。その待ち時間に光明皇后役の方にカメラを向けると、こんな素敵な笑顔を返してくれました。

天平祭11
元明天皇グループの集合写真。皆さん、大役お疲れさまでした!

天平祭12
この日の平城宮跡では、行列の終了後、いたるところで天平衣装の方たちの姿が見られ、とても華やかです。「踏切で電車の通過を待つ天平人」という、ちょっと不思議な光景も見られます。

天平祭13
こちらは、5月5日のこどもの日に行われた「天平こども行列」の様子です。天平衣装をまとったお子さんたちが元気に練り歩きました!

衛士隊の行進、楽しい「市の再現」コーナーなども

天平祭14
平城京天平祭では、この他にもさまざまなイベントが催されました。こちらは都の警備を行う「衛士隊」の方たち。隊長の掛け声で槍隊・弓隊・太鼓隊が行進し、朱雀門の警備に当たる様子を再現してくれます。

天平祭15
佐伯門東側広場では、奈良のうまいものが味わえる「東市西市」とステージが設置され、さまざまなパフォーマンスやコンサートが開催されました。写真は華やかな「天平きものガールズコレクション」の様子。奇想天外だったりシックだったり、とても楽しいステージでした。

天平祭16
平城京の日々の営みを再現した「市の再現」コーナーでは、当時のゲームを楽しんだり、突然寸劇が始まったり。平城の都の街角がよみがえったようでした。

天平祭17
4日には、今年が初開催となる「天平綱引き大会」も行われました。4人1組の真剣勝負。プロラグビーチーム「近鉄ライナーズ」などトップアスリートも出場し、熱戦が繰り広げられました!

天平祭18
古代から今に伝わる「鷹狩り」も披露されました(3日のみ)。さらに、天平衣装体験ができたり、普段は入れない第一次大極殿の免震構造まで見られるガイドツアーが開催されたり、今年も盛りだくさんでした!

8月には「平城京天平祭夏」が開催されます。この機会にぜひ訪れてみてはいかがですか。


平城京天平祭 春 2018(※終了しました)

●日程:2018年5月3日(木曜日・祝日)~5月5日(土曜日) ※3日間
●時間:10時~16時30分
●場所:平城宮跡
●入場料:無料(※一部のイベントは有料)

「平城宮跡歴史公園」交通案内

「平城宮跡」は、近鉄奈良線「大和西大寺駅南口」から徒歩約15分です(※イベント期間中のみ「大和西大寺駅南口」から無料シャトルバスが運行)。JR「奈良駅西口」からはぐるっとバス(平城宮跡ルート)が利用できます。


(リポート・写真 / ナラプラスライター N)


(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 髙塚・金田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100