ロマンチックな古都の夜♪『天平たなばた祭り~平城京天平祭・夏~』が開催されました!

織姫と彦星の恋物語をイメージしたイベント内容に


【ナラプラス現地リポート】

「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録されている平城宮跡で、夏の夜を彩るイベント『天平たなばた祭り~平城京天平祭・夏~』が開催されました(8月24日~26日)。

今年から「朱雀門ひろば」周辺に会場を移し、幻想的な「天平七夕行列」や「平城宮 熱気球フライト」「天平☆星めぐり」、『「織姫・彦星」:ミラーボーラー』やウォーターアートプロジェクション、最終日には「FM OH! Fantastic LIVE」が行われるなど、多彩なイベントが繰り広げられました。
イベント2日目の様子をレポートします。

たなばた祭
『天平たなばた祭り~平城京天平祭・夏~』のテーマは“たなばた”です。日本の七夕は、旧暦7月7日(現在の8月頃)に催され、奈良時代に平城宮で盛んに行われた祭が起源となっています。イベント全体が、万葉集にも詠まれた織姫と彦星のロマンチックな恋物語をイメージした内容となっています。


朱雀門前で繰り広げられた華やかなステージ

たなばた祭1
イベントが始まる16時直後から、朱雀門ひろばたくさんの人で賑わいました。台風の影響により、初日はイベント内容を縮小して開催されましたが、2日目のこの日は見事な快晴に恵まれました。

たなばた祭2
朱雀門ステージでは、連日華やかな演技やライブが披露されました。写真は「バサラ祭り in 天平祭」です。同日に奈良公園で行われたバサラ祭りの出張公演で、「華鹿」の皆さんなどが迫力あるステージを披露しました。

たなばた祭3
島根県石見地方に伝わる「石見神楽」も。この日は2回公演があり、それぞれ「神武(じんむ)」と「大蛇(おろち)」が演じられました。写真は、初代・神武天皇の東征の一場面で、ナガスネヒコとの闘いが美しく繰り広げられました。感動的でした!


上空約25mから見晴らせる「平城宮 熱気球フライト」

たなばた祭4
初開催となった「平城宮 熱気球フライト」では、気球に乗って、上空約25mから平城宮跡を眺められます!有料(大人 1,000円、小学生以下 500円)の企画ですが、整理券配布に希望者が殺到し、あっという間に定員に達したそうです。

たなばた祭5
夕暮れの平城宮跡に浮かぶ熱気球。幻想的な光景です。広大な宮跡を上空から見渡せるなんて素敵ですね!


天の川のような光の大河が出現した「燈花会@朱雀門」

たなばた祭6
奈良の夏の夜をやさしいロウソクの灯りでつつむ「燈花会」。今年も朱雀門北側で大々的に実施されました。テーマは「七夕」。天の川のような美しい光の流れが朱雀門へと続き、とても幻想的でした。

たなばた祭7
燈花会は、朱雀門ひろば内の「天平つどい館」西側でも実施されました。こちらは三日月や星型に並べられたり、また違った美しさでした。


奈良の人気店が集まった「天平かき氷祭り」は大人気!

たなばた祭8
朱雀大路では「天平かき氷祭り」も開催されました。昨年も好評だった企画がさらにパワーアップ!“かき氷の聖地”奈良の人気店が多数出店し、長い行列ができていました。

たなばた祭9
「夏の夜市」や「子ども縁日」も大盛況で、朱雀門ひろばはたくさんの人で埋まりました!皆さん、思い思いに奈良の美味しいものを味わい、夏の夕涼みを楽しんでいらっしゃいました。


輝くミラーボーラー!木簡型の短冊も

たなばた祭10
朱雀門前の二条大路の東西にそれぞれ設置された『「織姫・彦星」:ミラーボーラー』。離ればなれの二人をイメージした煌めくオブジェで、夜闇に幻想的に浮かび上がっていました。

たなばた祭11
ミラーボーラーと、夜空にのぼった月。宇宙空間を思わせるような幽玄さです!

たなばた祭12
願い事を書いて笹に飾る「願いの大路」。平城宮跡で出土した木簡をモチーフにした短冊となっていて、とてもユニークです。

たなばた祭13
二条大路ではさらに「キッズアートバッグ」の展示も行われました。地元小学校の5・6年生が「願い事」をテーマに描いた、個性あふれる光るアートバッグです。


夜空高く吹き出す炎!『炎演出「呼動 -KODOU-」』

たなばた祭14
復原遣唐使船前でも、幻想的なステージが繰り広げられました。『スプラッシュライトパフォーマンス:「四神」』は、水の幕にホログラムのような映像を映し出し、躍動感あふれるパフォーマンスと組み合わせたものです。

たなばた祭15
炎と映像がリンクした『炎演出「呼動 -KODOU-」』の1シーン。本物の炎がダイナミックに吹き出し、観客にも熱さが伝わります。熱と光の迫力に圧倒されました!

たなばた祭16
朱雀大路に設置された「光の遣唐使船」。青いライトの海を、遣唐使船が渡っていくシーンを表しています。青い光は大海原のようでもあり、天の川のようでもあり。美しい展示でした。


天平たなばた祭り~平城京天平祭・夏~ ※終了しました

●日程:2018年8月24日(金曜日)~8月26日(日曜日) ※3日間
●時間:16時から21時
●会場:奈良市 平城宮跡

●入場料:無料(※一部のイベントは有料)


「平城宮跡歴史公園」交通案内

「平城宮跡」は、近鉄奈良線「大和西大寺駅南口」から徒歩約20分です(イベント期間中は「大和西大寺駅南口」「奈良駅西口」から無料シャトルバスが運行)。


(リポート・写真 / ナラプラスライター N)


(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 髙塚・金田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100