現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 【レポート】食もイベントも!奈良時代の賑わいが蘇った『みつきうまし祭り ~平城京天平祭・秋~』
印刷用ページ表示 印刷する |

豪華なライブ、華やかなサーカス、奈良のグルメも!

みつきうまし祭1

【ナラプラス現地リポート】

世界遺産・平城宮跡を会場として、奈良の酒・食を味わい、花を愛で、古代行事や歌舞音曲を楽しむ秋祭り『みつきうまし祭り ~平城京天平祭・秋~』が開催されました(2018年10月20日・21日)。

●chageさん、小柳ゆきさん、矢井田瞳さんなど豪華ゲストが登場した「平城京天平祭 FM OH! Dramatic LIVE」
●全国で活躍中のサーカス団の公演「クロワッサンサーカスin天平祭」
●奈良の食を味わえる「『酒』と『スイーツ』の宴&食の天平マルシェ」など

2日間にわたって、さまざまな楽しい催しが行われました。イベント2日目の様子をレポートします。


みつきうまし祭2
平城宮跡の秋祭り『みつきうまし祭り ~平城京天平祭・秋~』。今年から会場を「朱雀門ひろば」に移して開催されました。快晴に恵まれ、たくさんの人出で賑わいました。

みつきうまし祭3
朱雀門前のステージでは、初日は「平城京天平祭 FM OH! Dramatic LIVE」が、2日目は写真のタイ王国の宮廷舞踊、さらに琉球王国や韓国の宮廷舞踊なども披露されました。国際色豊かだったかつての平城京の賑わいを思わせます。

みつきうまし祭4
天平衣装をまとって平城宮跡内を散策できる「天平衣装体験コーナー」(有料)も人気でした。姉妹で散策中のところを撮影させていただきました。素敵な記念になりますね!


平城京天平祭の「オリジナルご朱印帳」今年も人気!

みつきうまし祭5
恒例になった「平城京天平祭オリジナルご朱印帳」の販売は、今年も盛況でした。

みつきうまし祭6
オリジナルご朱印帳は、金と銀の2色です(各600冊・販売価格2,000円)。奈良時代の天皇・女帝などが重要儀式の際に着用されたとする袞冕(こんべん)をモチーフにしています。どちらも高貴でシックな雰囲気です。

みつきうまし祭7
ご朱印帳を購入すると、平城宮跡にちなんだ「大極殿」という限定の特別ご朱印が無料でいただけました。記帳してくれるのは、天平衣装をまとった奈良教育大学の学生(書道専修)の皆さんです。

みつきうまし祭8
ご朱印は「大極殿」で、平城遷都の詔に登場する「四禽叶図(しきんとにかない) 三山作鎮(さんざんちんをなす)」の言葉が添えられています。「女帝たちでつなぐ三都ご朱印めぐり」企画と連動していて、藤原京・飛鳥京でもそれぞれの特別なご朱印がいただけました。

みつきうまし祭9
ブース内には、無料の書道ワークショップも。墨と筆で好きな言葉を書き、記念に持ち帰ることができます。奈良時代の役人の気分が味わえたかも!?


奈良時代の「散楽」を連想させる華やかなサーカスも

みつきうまし祭10
天平つどい館西側の芝生広場で開催された「クロワッサンサーカスin天平祭」は、たくさんの観客で満席に!全国で大活躍中のサーカス団「クロワッサンサーカス」の皆さんが、楽しい演技を披露してくれました。

みつきうまし祭11
朱雀門をバックに、綱渡りや空中ブランコなどの曲芸が見られるなんて不思議な気分です。奈良時代に唐から伝わった「散楽」は、さまざまな曲芸を披露するもので、現代のサーカスに通じるものだったとか。平城京の人たちもきっと歓声を上げていたのでしょう!


奈良時代の都の姿を思わせるような賑わいでした

みつきうまし祭12
朱雀大路の両脇には、地元・奈良の美味しいものを販売するブースが立ち並び、かつての“市”の賑わいが蘇ったかのようでした。いろいろと目移りしましたが……、

みつきうまし祭13
川上村・鮎屋さんの「子持ち鮎」と「子鮎からあげ」と、曽爾村のクラフトビール「曽爾高原ビール」などをいただきました!どちらも奈良が誇るグルメですね。

みつきうまし祭14
朱雀大路の入口には、朱雀をモチーフにした、植物と流木などによる巨大なオブジェ「羽ばたく朱雀」が登場。記念撮影スポットになっていました。

みつきうまし祭15
また、奈良時代のさまざまな遊びが楽しめる「奈良時代体験コーナー」も人気でした。ゲートボールのような「打鞠」、矢を投げて壺に入れる「投壺」など、いろんな遊びが無料で楽しめます!

みつきうまし祭16
そうこうしていると、朱雀大路で「衛士隊」に遭遇したりします。平城京内を警護していた兵士たちを再現したもので、朱雀門の開門・閉門の儀を行ったり、一緒に記念撮影できたりします。

みつきうまし祭17
復原遣唐使船の前では、美しい花などが飾られた「天平花絵巻」の展示も。今年も見どころいっぱいでした!


みつきうまし祭り ~平城京天平祭・秋~ ※終了しました

●期間:2018年10月20日(土曜日)・21日(日曜日)
●時間:10時から16時
●会場:平城宮跡 朱雀門ひろば
●入場料:無料

●主なイベント
・『酒』と『スイーツ』の宴&食の天平マルシェ
・クロワッサンサーカスin天平祭
・平城京天平祭オリジナルご朱印帳販売
・平城京天平祭 FM OH! Dramatic LIVE(出演者:chageさん、小柳ゆきさん、矢井田瞳さん)
・衛士隊の再現
・天平花絵巻
・羽ばたく朱雀
・ステージイベント(琉球王国の舞踊、タイ王国の舞踊、韓国の宮廷舞踊など)
・平城宮跡ガイドウォーク
・天平みけつ国市
・ホトケ女子と巡る平城宮跡ゆかりの三古寺ツアー
・天平衣装体験コーナー
・奈良時代体験コーナー
・LaQ平面モデル体験・ものづくりコーナー


「平城宮跡歴史公園」交通案内

「平城宮跡」は、近鉄奈良線「大和西大寺駅南口」から徒歩約20分です(イベント期間中は「大和西大寺駅南口」「奈良駅西口」から無料シャトルバスが運行)。


(リポート・写真 / ナラプラスライター N)


(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 髙塚・金田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100