飼養衛生管理基準

 家畜の伝染性疾病の発生を予防するために、家畜伝染病予防法では家畜の所有者がその飼養に係る衛生管理に関して最低限守るべき基準(飼養衛生管理基準)を定め、その遵守を義務付けています。

            飼養衛生管理基準についての詳細はこちら

定期報告

 飼養衛生管理基準が定められた家畜の所有者は、毎年、所有している家畜の頭羽数および家畜の飼養に係る衛生状況に関し、都道府県に報告することが義務付けられています。

  •  報告事項は、その年の2月1日時点のものとして下さい。

  •  提出期限は畜種ごとに、下記のとおりとなっています。

   ・牛、豚、馬、水牛、鹿、めん羊、山羊、いのししの場合は毎年4月15日まで

   ・鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥の場合は毎年6月15日まで

           定期報告についての詳細および報告様式はこちら