現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 【レポート】季節展「ひなまつり」開催中!桃の節句には「早春おはなし会」も(県立民俗博物館)
印刷用ページ表示 印刷する |

豪華な御殿雛など約100点を一挙公開!

【ナラプラス現地リポート】

大和郡山市矢田町の「奈良県立民俗博物館」で、豪商に伝えられた大型の御殿飾り雛人形をはじめ、市松人形や郷土玩具など約100点を一挙公開する、恒例の季節展「ひなまつり-人形たちの宴-」が開催されています(2019年2月23日~3月24日)。
また、3月3日の桃の節句には、博物館を中心に広がる「大和民俗公園」の古民家で「古民家でひなまつり」「早春おはなし会」なども開かれました。参加者の皆さんは、江戸時代の町屋・旧臼井家住宅(重要文化財)で、桃の節句や季節にちなんだ物語に耳を傾けました。


ナラプラス現地リポート
「大和民俗公園」の正面入口では、桃の節句の当日、満開の「しだれ梅」がお出迎えしてくれました。辺りには春らしい甘い香りが漂います。

 

ナラプラス現地リポート
奈良県立民俗博物館で開催中の季節展「ひなまつり-人形たちの宴-」。会場入口に展示されている「屏風飾り雛人形」は、昭和50年代のものです。


ナラプラス現地リポート
会場では、すべて県民から寄贈された、幕末~昭和50年代のさまざまな雛人形、雛掛軸、雛の調度、市松人形などがずらりと並びます。
ちなみに、関西では、昭和20年代ごろまで屋形をともなう「御殿雛飾り」が主流でしたが、次第に規格化が進み、屏風を背にした「屏風飾り雛人形」が一般的になりました。そうした変遷も理解できる展示内容となっています。


ナラプラス現地リポート
もっとも目を引いたのが、御所町の薬種商に伝えられたという、幅3.6m×3段の「御殿飾り雛人形」です。江戸時代末期のもので、屋形がこれだけ大きなものは珍しいとか。当時の御所町の繁栄がしのばれます。

 

ナラプラス現地リポート

こちらは大正時代に京都で購入されたという「枠御殿飾り雛人形」です。屋根がなく、源氏物語絵巻の構図を連想させるような形式が特徴的です。

ナラプラス現地リポート
明治末~大正初期に制作され、桜井市に伝わった内裏雛。長持(ながもち)や鋏箱(はさみばこ)の中には手作りの衣類や布団などが入っているそうです。「一生不自由なく暮らしてほしい」という思いが伝わってくるようですね!


 ナラプラス現地リポート
お雛様の道具も、鏡台(きょうだい)・火鉢(ひばち)・重箱(じゅうばこ)・針箱(はりばこ)・箪笥(たんす)など、さまざまな種類があります。精緻な細工なものも多く、見比べていくと面白いです。

ナラプラス現地リポート
この他、「イチマサン(市松人形)」や昭和のままごと道具、さらに紙雛や流し雛なども展示されていました。

ナラプラス現地リポート
奈良県立民俗博物館の常設展「大和のくらし」では、奈良盆地の稲作、大和高原の茶業、吉野山地の林業について、1970年代頃に機械化が進む以前に使われた用具などを展示しています。


ナラプラス現地リポート
大正~昭和期の家のなかを再現したコーナーなどもあります。大人にとっては懐かしかったり、お子さんにとっては昔話のようであったり。幅広い年代の方が楽しめるでしょう。


季節展「ひなまつり-人形たちの宴-」

●会期:2019年2月23日(土曜日)~3月24日(日曜日)
●場所:奈良県立民俗博物館 企画展示室
●観覧料:一般 200円、大学生等 150円、高校生以下および65歳以上は無料
●展示品目:総点数 約100点

http://www.pref.nara.jp/item/208867.htm#moduleid39775


重要文化財の古民家での「早春おはなし会」も

ナラプラス現地リポート

大和民俗公園には古民家15棟が移築復原されており、すべて無料で見学できます。その1つ、江戸時代の町屋・旧臼井家住宅(重要文化財)で、桃の節句や季節にちなんだ物語を朗読する「早春おはなし会」が開かれました。

ナラプラス現地リポート

古民家には8段の雛人形が飾られ、その前で絵本「ひなまつりルンルンおんなのこの日!」「赤ん坊になったお婆さん」など5篇が朗読されました。

ナラプラス現地リポート

趣ある古民家は、たくさんの人で満席に。朗読の終了後には、雛飾りの前で着物を羽織って写真を撮れるイベントなども開催され、素敵な記念になったことでしょう!


ナラプラス現地リポート

「古民家でひなまつり」10周年を記念し、臼井家の向かいに建つ「旧鹿沼家住宅」(県指定文化財)では、「竹のあんどん展」も同時開催されました。日本家屋がますます幻想的な雰囲気に包まれました。


ナラプラス現地リポート

また、大和民俗公園の「梅林」では、色とりどりの梅が見頃を迎えていました。公園は入場無料で、犬のお散歩もできます。やさしい香りと春の陽気に包まれながらお散歩をお楽しみください!


 古民家でひなまつり(※終了しました)

●会期:2月16日(土曜日)~3月3日(日曜日)※月曜休園
●時間:9:00~16:00
●場所:旧臼井家住宅・旧鹿沼家住宅(大和民俗公園内)
●入場料:無料(※見学自由)


早春おはなし会-おひなさまの前で-(※終了しました)

●日時:3月3日(日曜日)14:00~
●場所:重要文化財旧臼井家住宅(大和民俗公園内)
●入場料:無料(※見学自由)


交通案内

「奈良県立民俗博物館」(大和郡山市矢田町545番地)は、近鉄郡山駅、またはJR大和小泉駅を下車。奈良交通バスターミナル1番のりばより、バス停「矢田東山」下車、北へ徒歩10分です。

 

(リポート・写真 / ナラプラスライター N)

(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 髙塚・山田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100