なら食と農の魅力創造国際大学校実践オーベルジュ棟指定管理予定者の決定

 なら食と農の魅力創造国際大学校実践オーベルジュ棟の指定管理予定者について、「なら食と農の魅力創造国際大学校実践オーベルジュ棟指定管理者選定審査会」における審査結果を踏まえ、下記のとおり決定しました。

 指定管理者は、本年9月県議会の議決を経た後、正式に指定し、令和2年度より施設の運営を行います。

 

 

1.施設名:なら食と農の魅力創造国際大学校実践オーベルジュ棟

2.指定管理予定者:株式会社ひらまつ 代表取締役 陣内孝也

          (東京都渋谷区恵比寿4丁目17-3)

3.指定の期間:5年間(令和2年4月1日~令和7年3月31日)

4.選定理由:

・学生が調理・サービス技術を習得する場として、その果たすべき役割を十分理解している。

・技能と経験を有する人員の配置が計画されている。

・個々の学生に応じた実践研修カリキュラムの設定が計画されている。

・実践研修に重点を置いた計画が提案されている。

・安定した経営基盤と全国的なネットワーク構築によるブランド力を有している。

・地域食材の提供等、奈良の魅力を伝える計画が提案されている。

 

【参考】

〇なら食と農の魅力創造国際大学校実践オーベルジュ棟指定管理者選定審査会 開催概要

(1)選定審査会委員名簿

(2)第1回選定審査会(平成31年1月31日(木)開催)

議事概要

次第

(資料1)選定審査会規則

(資料2)選定審査会の議事の公開について

(資料3)指定管理の概要

(資料4)指定管理者の選定審査基準について

(資料5)NAFIC実践オーベルジュ棟の現状と課題について

・参考資料(施設概要利用状況収支状況

(3)第2回選定審査会(令和2年7月9日(火)開催)

議事概要

次第

評価表様式

(資料1)募集概要

・(資料2)指定管理者申請状況<非公表>

(資料3)プレゼンテーション実施要領

(資料4)選定審査基準及び審査のポイント・着眼点並びに配点

(資料5)指定管理候補事業者の選定方法

(資料6)評価結果とりまとめ表

(資料7)今後のスケジュール

(資料8)選定審査結果報告(素案)

(資料9)第1回選定審査会 議事概要

(4)選定審査結果報告書