現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 【レポート】企業立地は奈良県へ!『奈良県 企業立地セミナーin大阪2019』が開催されました
印刷用ページ表示 印刷する |

奈良県での新たな事業展開について強くアピール

【ナラプラス現地リポート】(令和元年8月)

 

ナラプラス現地リポート
奈良県への企業立地を促進することを目指し、県の魅力や立地環境等をPRする『奈良県 企業立地セミナーin大阪2019』が開催されました。
3つの世界遺産があり、観光地としてよく知られている奈良県は、産業面でも特色のある企業が多く活躍しています。奈良県では地域の活力を高め雇用を生み出すため、企業立地に積極的に取り組んでおり、本セミナーは例年、大阪と東京で催されています。
県内立地企業の方々から具体的なお話を伺い、知事から県の立地環境などをPRすることで、関西圏の企業関係者へ奈良での新たな事業展開について強くアピールしました。

 

ナラプラス現地リポート
大阪市北区の「帝国ホテル大阪」で行われた『奈良県 企業立地セミナーin大阪2019』。会場にはたくさんの聴衆が詰めかけ、熱心にメモをとる姿が見られました。

 

県内立地企業によるパネルディスカッション

ナラプラス現地リポート
まずは、県内立地企業3社の代表者によるパネルディスカッションが行われました。
(向かって左より)
・フルックスグループ 代表 黒田久一氏
・吉森ホイル株式会社 代表取締役社長 杉本浩氏
・五條運輸株式会社 副社長 原田杏子氏

 

ナラプラス現地リポート
まずはそれぞれの事業の説明が行われ、続いて「奈良県へ立地・移転された経緯」「移転後の感想」「行政に対して期待すること」などの質問に答える形でディスカッションが進められました(※以下すべて内容の要約となります)。

 

●フルックスグループ 黒田氏
・昭和39年設立。大阪で創業するが、大和郡山市に拠点を集約した。現在は、大和郡山市の奈良県中央卸売市場周辺に2工場と2店舗を構え、青果流通事業・惣菜事業などを営む。
・奈良で立地することの最大のメリットは、大阪や名古屋などへのアクセスがいいこと。そして、土地が安いこと。市場の周辺に広い土地が確保できたことは大きかった。
・大和郡山市や奈良県からの補助金や、地元の金融機関からも全面的な支援を受けることができた。

●吉森ホイル株式会社 杉本氏
・昭和35年設立。アルミ箔貼合紙など特殊紙の製造・販売業を営み、折り紙の金紙・銀紙の製造やおせちの箱などに使われる特殊な紙の製造なども行う。
・平成30年12月、旧社屋の建て替えを機に、大阪府南河内郡から五條市(南大和テクノタウン内)に完全移転。土地が安かったことは大きなメリットだった。大阪とのアクセスがよく、旧工場から車で30分以内という立地でもあり、従業員も全員ついて来てくれた。
・移転先をネットで検索して、何の気なしに問い合わせてみたところ、奈良県の担当者の反応が早く、わかりやすかった。

●五條運輸株式会社 原田氏
・昭和44年設立。自動車運送取扱業や物流倉庫サービス業などを営む。本社は大和郡山市。郡山インターの近くで「全国のへそ」と呼べるような立地で、大阪や名古屋へのアクセスが良い。
・災害が少ないことも大きなメリット。昨年は台風が多かったがまったく問題なかった。
・県からの補助金制度や奨励金を利用しており、手厚くフォローもしてもらえた。

 

県知事のプレゼンテーション「奈良県での新事業展開へのお誘い」

ナラプラス現地リポート

続いて、荒井正吾 奈良県知事による、「奈良県での新事業展開へのお誘い」と題したプレゼンテーションが行われました。
・第1部 奈良県をもっと良くしていきます ~奈良新『都』づくり戦略(案)~
・第2部 奈良県の特性と企業立地動向
・第3部 奈良県の充実した支援制度
奈良県では、9つの『都』づくり戦略(九条大路戦略)を基本に、より栄え、より豊かで、より健やかな環境づくりに取り組んでいることが説明されました。

ナラプラス現地リポート
奈良新『都』づくり戦略とは、地域経済の活性化、働き方改革の推進と就業支援などが柱となっています。
●工場誘致・起業支援など
・奈良県の工業誘致の件数は、過去12年間で333件。昨年は38件で、近畿では兵庫県に続く2番目。全国でも11位だった。
・産業用地の確保のため、京奈和自動車道や西名阪自動車道の周辺への「工業ゾーン創出プロジェクト」を推進している。

 

 ナラプラス現地リポート
●第2部「奈良県の特性と企業立地動向」
・奈良は従業員も暮らしやすい。沿線には快適な住宅地があり、自然豊かで歴史と文化に囲まれ、教育熱心な環境。
・優秀な人材が豊富で、女性の就業率の伸びは全国1位。
・交通アクセスが便利。道路網も充実し、関西国際空港などへのアクセスが飛躍的に向上した。
・良好なアクセスに関わらず、工業地の地価は低廉

●第3部「奈良県の充実した支援制度」
・地域経済への高い波及効果を及ぼす産業を集中的に支援するため、工場や研究所だけではなく、観光や特産物など、地域の特性を活用し、地域経済の牽引に資する投資を幅広く支援対象としている。

奈良県と市町村が共同で作成した「奈良県未来投資促進基本計画」を柱に、さまざまな企業・施設の誘致に取り組んでおり、投資・雇用・消費が好循環する自立した地域経済の構築を目指しています。

 

五條市長からも企業誘致の取組紹介

ナラプラス現地リポート
最後に、五條市・太田好紀市長から、企業誘致に関するプレゼンテーションが行われました。
五條市は、県南部(南和)の中心都市。紀伊半島の中心の「へそ」にあたり、奈良県・大阪府・和歌山県が隣り合う場所に位置している。市町村単位で「柿」の生産が日本一。自然と文化が豊かな土地柄です。

 

ナラプラス現地リポート

五條市への企業立地は、交通アクセスやコスト面など、さまざまなメリットがあります。
・道路網の整備が進み、大阪市内へ約70分かかっていたところ、現在は約40分に短縮。大阪港や関西国際空港、名古屋方面へのアクセスも向上している。
・海から遠く、津波のリスクを避けることができる。
・アクセス良好ながら、土地価格が安い。
・企業立地奨励金や雇用促進奨励金など、手厚い奨励金制度も利用できる。 など

 

資料も充実。企業立地は、ぜひ奈良県へ!

ナラプラス現地リポート

会場前のロビーでは、奈良県内の各市町村から資料の配布や説明が行われ、たくさんの方が耳を傾けていました。


ナラプラス現地リポート

この日、来場者には「奈良県企業立地ガイド」「宿泊施設支援制度ガイド」「奈良県の産業集積地マップ」などの資料も配布されました。企業立地は、ぜひ奈良県へ!

 

奈良県 企業立地セミナーin大阪2019(※終了しました)

●日程:2019年7月18日(木曜日)14時30分~16時30分
●会場:帝国ホテル大阪(大阪市北区天満橋1-8-50)

 

(リポート・写真 / ナラプラスライター N)

(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 杉原・山田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100