現在位置

  1. トップページ
  2. 県の組織
  3. 総務部知事公室
  4. 広報広聴課
  5. 奈良県フォトニュース
  6. 【レポート】『水の週間 親子ダム見学会』比奈知ダム内部の見学ツアーに水質実験も!
印刷用ページ表示 印刷する |

まずは室生ダムを見学。ドローンでの記念撮影も!

【ナラプラス現地リポート】(令和元年8月)

水の貴重さや水資源開発の重要性について関心を高め、理解を深めるため、毎年8月1日は「水の日」、この日を初日とする1週間は「水の週間」と定められています。
これにあわせて、奈良県では毎年『水の週間 親子ダム見学会』を開催しており、2019年は水資源機構が管理する「室生ダム」(宇陀市)と「比奈知ダム」(三重県名張市)の見学が行われました。
ダム周辺の壮大な景色を楽しむとともに、普段は見ることのできないダム内部の見学、そして「水質実験」なども行われ、参加したお子さんたちはもちろん、大人も楽しい見学会となりました。

 

ナラプラス現地リポート
2019年の『水の週間 親子ダム見学会』は、宇陀市の「室生ダム」からスタートです。淀川水系の宇陀川に位置し、ダムが完成してから45年目となります。「重力式コンクリートダム」という形式で、赤い3門のラジアルゲートが特徴です。

 

ナラプラス現地リポート
広々としたダム湖。総貯水量は、京セラドーム大阪の14杯分にも及びます。この水は初瀬水路で桜井浄水場へ送られ、奈良市や生駒市、天理市など22万人の生活用水として利用されています。

 

ナラプラス現地リポート
この日の参加者は52名。スタッフの方からダムの役割(洪水を防ぐ・農地に水を送る・家庭で使う水を送る・電気をつくるなど)の説明などがあり、みな熱心に耳を傾けていました。

 

ナラプラス現地リポート
実際にダムの上を歩いて、どのような機能があるのかの解説も聞けます。普段は立ち入りできないエリアから、下を覗き込んだりもできました。

 

ナラプラス現地リポート

巨大なラジアルゲートが目の前に見えました!ゲート3門で毎秒300立方メートルもの水が放流できるとか。梅雨や台風などの大雨による大水を一時的にダムにためて、調整してくれます。

ナラプラス現地リポート
ドローンを使っての記念撮影も行われました。ドローンが空に舞い上がると大きな歓声が上がりました。ダムの全景も写っていて素敵な記念になりますね。

 

名張市「比奈知ダム」ではダム内部の見学ツアーも

 ナラプラス現地リポート
続いては、三重県名張市の「比奈知ダム」の見学です。淀川水系の名張川に位置し、完成してから20年目と、まだ比較的新しいダムです。総貯水量は京セラドーム大阪の15.3杯分と、室生ダムよりもさらに大規模です。

 

ナラプラス現地リポート
比奈知ダムでは、ダム内の見学ツアーが行われました。巨大なダムの壁を見上げながら、外の階段を下っていきます。もちろん普段は立ち入りが禁止されている場所ですので、とても貴重な体験です。

 

ナラプラス現地リポート

ダムの真下に出ました。間近から見上げてみると、その大きさは驚くばかりです!

 

ナラプラス現地リポート

ダムの設備を管理している建物でお話を伺って、

 

ナラプラス現地リポート

さらに下へ下へと、階段を下っていきます。ダムの外は気温30℃を超える真夏日でしたが、ダムの内部に入るとぐっと下がって、15℃ほどしかありません。夏の暑さを一瞬だけ忘れられます。

 

ナラプラス現地リポート

高さ70.5mの比奈知ダムで、ここが一番底に当たります。ひんやりと湿った空気で、先が霞んで見えます。大きな水圧に耐えるため、壁の厚さは3mにも達するとか。ダムの巨大さを体感できました。

 

「水質実験」も行い、ダムの働きがより身近に

ナラプラス現地リポート

比奈知ダムの見どころはこれだけではありません。ダムを上から覗き込んでみると、足元に通路のような空間が見られます。これは全国に4例しかない「天端側水路(てんばそくすいろ)」というもので、見学会ではここにも入ることができました!

 

ナラプラス現地リポート

ダム上部の扉から、急な螺旋階段を降りていくと、

 

ナラプラス現地リポート

「天端側水路」へと出られます。ダム上流(画面右側)の水位が上がるとここに水が流れ込み、下流へと流すシステムで、まさに“最後の砦”というべき存在です。比奈知ダムが完成して20年ですが、幸いにもまだ一度も使用する場面はなかったとか。堅牢さが存分に感じられて、安心しました。

 

ナラプラス現地リポート

最後は室内に戻って「水質実験」を行いました。水道水やダムの水などのPH(酸性度)を測ります。パックテストの水の色が、レモン水では真っ赤になったりしますが、ダムの水ではほぼ変化ありません。水質が保たれていることがわかります。
参加者の皆さんは見学会を通じて、ダムがどのような働き方をしているのか、私たちの暮らしにどのように役立っているのかを学び、水の大切さをあらためて感じていらっしゃいました。

 

水の週間 親子ダム見学会(※終了しました)

●日時:2019年8月6日(火曜日)9時45分~17時00分
●集合場所:近鉄榛原駅(北口駅前広場)※移動はマイクロバス
●見学先:室生ダム(宇陀市)・比奈知ダム(三重県名張市)
●対象:小学生・中学生とその保護者 50人
●参加費:無料

 

(リポート・写真 / ナラプラスライター N)

(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 杉原・山田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100