【レポート】第10回の記念大会!『奈良マラソン2019』で42.195kmを完走しました

冬の大和路をランナーたちが快走しました

【ナラプラス現地リポート】(令和元年12月)

冬の大和路をランナーたちが駆け抜ける『奈良マラソン』。節目となる10回目の開催となった今年も、2日間にわたって3kmジョギング・マラソン・10kmの3種目が行われ、たくさんの人で賑わいました。
今年も私(50歳・男性)がレポーターとしてフルマラソン(42.195km)に参加してきましたので、ランナー目線の“奈良マラソン完走記”をお届けします。
(※なお、以下は基本的にマラソンについて語ります。3kmジョギング・10kmとは異なりますのでご了承ください。)

 

「奈良マラソンEXPO」では有森裕子さんステージトークも

ナラプラス現地リポート
会場となる「ならでんフィールド(奈良市鴻ノ池陸上競技場)」では、2日間にわたって「奈良マラソンEXPO」が開催されました。奈良マラソンのオリジナルグッズやジョギンググッズの格安販売、奈良のご当地グルメ店や全国の美味しいものなど、たくさんのショップが並びます。2日間でのべ87,000人の方々が来場されたとのことで、この日も大変な賑わいでした。

 

ナラプラス現地リポート
スペシャルゲストの有森裕子さんのステージトークなども開催されました。和やかな雰囲気の中、奈良マラソンのコース解説などが行われ、翌日のレース本番に向けてあらためて気合が入りました!

 

ナラプラス現地リポート

また、会場には「奈良マラソン10年の歩み」と題して、歴代の参加賞Tシャツやメダル、ポスターを展示するコーナーも設けられました。また、新元号の令和の出典が「万葉集」であることにちなんだ「奈良マラソン短歌コンテスト」も開催され、入賞作品の紹介も行われました。

 

ナラプラス現地リポート
こちらは、奈良マラソン10年目の参加賞Tシャツです。奈良マラソンの基調カラーである藤色をベースに、これまでの大会で使用されたマラソンの完走メダルの奈良らしい図案を並べたデザインです。ランナーの方たちからも好評でした。

 

ゲストとして加藤雅也さん、ロザ・モタさんも登場

ナラプラス現地リポート

マラソン・10km種目が開催される大会2日目。楽しくも過酷なレースを前に、早朝からランナーたちの熱気であふれます。


ナラプラス現地リポート
朝9時に「奈良マラソン2019」のフルマラソンがスタート!すごい迫力です!今年は、3kmジョギングを含めた3種目あわせて約1万7300人が参加し、冬の大和路を疾走しました。

 ナラプラス現地リポート
スタート地点では、ゲストの皆さんもランナーへ声援を送ります。荒井奈良県知事、仲川奈良市長、並河天理市長らとともに、昨年に引き続き有森裕子さん、松井絵里奈さん、団長安田さんの笑顔も。さらに、10回大会を記念して、奈良市出身の俳優・加藤雅也さん、そしてオリンピックの金メダリストであるロザ・モタさんも参加するなど、とても豪華でした!

 

美しい風景を眺めながらの、苦しくも楽しい42.195km

ナラプラス現地リポート
ここからはランナー目線でのレポートをお届けします(※レース中の写真は、すべてコース脇の安全な場所から撮影しています)。ならでんフィールドをスタートし、コースは西へ。普段はたくさんの車が行き交う大宮通りが、ランナーで埋め尽くされます。

ナラプラス現地リポート
コースは平城宮跡の脇を通って折り返します。復元された朱雀門や遣唐使船を横目に見ながら走ることができるのは、奈良マラソンの最大の魅力でしょう。

 

ナラプラス現地リポート
興福寺の建物などを眺めながら、正面の若草山へ向かってコースは続きます。

 

ナラプラス現地リポート

たくさんのランナーたちを励ますかのように、鹿がコース脇から見守っていました。これぞ奈良マラソンです!

 

ナラプラス現地リポート

天理市へ入ると、のどかな風景が広がります。ヤマトタケルノミコトが故郷を思って詠んだ「大和は 国のまほろば たたなづく 青垣山ごもれる 大和し 美し」の歌を思い出しながら走ると気が紛れるかもしれません(笑)

 

ナラプラス現地リポート

25kmの折り返し地点を過ぎて、天理教教会本部の前までたどり着くと、奈良マラソン名物「ぜんざい」のおもてなしが待っています。レース後半戦に差し掛かり、疲労が蓄積してくるあたりですから、甘いぜんざいが全身に染み渡ります!

 

ナラプラス現地リポート

ぜんざいで体力を回復した直後には、激しい上り坂が待っています。終盤の30km前後に差し掛かってのこの試練ですから、ここで足が止まってしまうランナーも少なくありません。暖かい声援を力に変えて、一歩ずつ前に進むしかありません。

 

ナラプラス現地リポート

しかし、そんな坂の途中には、こちらも恒例の「三輪そうめん」の振る舞いが待っています。わんこそばくらいの量で、疲れた体でもつるつるっと入っていきます。あとはゴールを目指すのみ!

 

ナラプラス現地リポート

ゴール直後です。おかげさまで、今年も無事に完走できました。実は、大会前夜に軽いぎっくり腰になってしまい、直前まで「棄権しようか……」と悩んでいただけに、完走できてほっとしました。タイムはまったく褒められたものではありませんが、来年リベンジします!

 

皆さんも来年の出場を目指してみませんか?

ナラプラス現地リポート

大会終了後に行われた表彰式の様子。加藤雅也さんや松井絵里奈さんもプレゼンターとして登場しました。フルマラソンの結果は、男子が天理市・山本芳弘さん、女子は大会新記録で神奈川県・山口遥さんが2連覇を達成しました。おめでとうございます!

 

ナラプラス現地リポート

沿道から撮影した一枚。今年もユニークな仮装ランナーさんたちがいらっしゃるなど、楽しみ方はそれぞれです。奈良マラソンのコースは景色が素晴らしいですし、沿道の応援がとても温かで、本当に素晴らしい大会です。来年の出場を目指してみませんか?

 

 

奈良マラソン2019(※終了しました)

●3kmジョギング:2019年12月7日(土曜日)14時15分~
●マラソン(42.195km):2019年12月8日(日曜日)9時00分~
●10km:2019年12月8日(日曜日)9時30分~
●会場:ならでんフィールド(奈良市鴻ノ池陸上競技場)
●アクセス:「ならでんフィールド」は、近鉄奈良駅より徒歩約20分、JR奈良駅より徒歩約30分です。

 

(リポート・写真 / ナラプラスライター N)

(記事投稿者)
奈良県庁広報広聴課 森田・山田
電話番号 0742-27-8325

この記事を読んで「いいね!」と思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100