本文へジャンプ

モデル地域の主な取り組み状況






 

 



橿原市八木地区

八木まちづくり協議会



   橿原市八木地区は、近鉄大和八木駅の南東に位置し、
  古代からの幹線道路である南北に通る「下ッ道」と東西に
  通る「横大路(伊勢街道)」との交差点である「八木札の辻」
  を中心に、歴史的な町並みが残る地区です。
   事業区域 :都市計画図(PDFファイル)



●モデル事業1年目の取り組み
     
八木まちづくり協議会設立                                                                       H18.9月
<メンバー>

(団体会員)
  八木地区自治委員会、八木を愛する会、愛宕祭奉賛会、
  橿原市商工会議所八木支部、橿原市消防団第八分団、
  八木防災会、ボーイスカウト橿原1団、
  NPO法人八木まちづくりネットワーク、晩成小学校PTA、
  橿原市役所(まちづくり課・都市計画課・文化財課)

(会 長) 
  木原 信弘(八木を愛する会)
(事務局長)
  平田 元 (NPO法人八木まちづくりネットワーク)
「八木を愛する会」や「NPO法人八木まちづくりネットワーク」のこれまでの活動を踏まえて、県のまちづくりモデルプロジェクト事業地区に選定されたことに伴い、地区自治委員会、関係団体、橿原市関係課がメンバーに入り、八木まちづくり協議会が設立されました。

  

八木地区の現状把握(アンケート調査)及び課題抽出                    H18.10月~19.3月

(調査の目的)

  地区内住民及びその周辺の住民に対して、聞き取り調査(30分~90分)によって、どのような認識にあり、どうすべきかについて生の声を聞くとともに、その他既調査では表面化しなかった日常生活を通じた視点からの課題があるのかを把握することを目的とした。

 

〈調査内容〉
 ○調査対象世帯数:70世帯
 ○設  問:1,八木地区について 
                  2,八木地区・伊勢街道等の認知度
                  3,住宅・住環境について
        4,八木地区の道路について 
                  5,まちづくり等の参画意識について
 ○調査期間:平成18年10月            聞き取り調査の企画案の作成

                         11月6日~11月15日 聞き取り調査を実施

          平成19年1月~2月           聞き取り調査の整理  

                  3月               協議会通信の発行(調査結果の発表)
                                                                      報告書作成〈課題抽出)  

 ○調査実施主体:八木まちづくり協議会
   (協力:地域自治会・八木を愛する会・NPO法人八木まちづくりネットワーク
                 奈良女子大増井ゼミ 他)

(調査結果概要)
  ・  地区に関して多くの人が愛着をもっており、かつての賑やかさを取り戻したいとの意見で
         あった。
  ・ 伝統的な町家や歴史的な町並みを残すことを望んでいるが、どうすればよいかが分から
         ないとの認識が多かった。
  ・ 都市計画道路については、建て替え時に知り、見直しを求める声が多かった。
  ・ 地区内の狭隘道路については、問題であるという認識もあったが、また一方で歩行者に
         とっては安心でき、好きな道路との発言もあった。
  ・ まちづくりについては、中心的に活動しようという人は少なかったが、何らかの関わりには
        積極的である。

(抽出された課題)
  ・ まちの賑わいがなくなっていることを危惧。活性化のための方法を考える。
  ・ 歴史的な町並みを活かす。
  ・ 都市計画道路の見直し及び狭隘道路について、その機能を考えて再構成する。


















八木まちづくり協議会通信の作成(2回発行)                               H18.10月~19.3月

      

〈1回目〉 平成18年10月10日発行 (PDFファイル)  八木まちづくり協議会の発足
                                                                          今後の活動アンケート調査の実施について

〈2回目〉 平成19年 3月20日発行 (PDFファイル)  アンケートの結果と考察
                                                                          八木まちおこしフェスタin八木の報告等


八木まちおこしフェスタin八木に参画                                                     H18.11月
〈事業内容〉

  ○日時:平成18年11月19日(日)

  ○ 場所:JR畝傍駅駅舎及び駅前広場

  ○参加者:約1,500人

  ○主催:八木を愛する会
  ○共催:八木まちづくり協議会

  駅舎の貴賓室の公開、お陰参りでの接待場に関する展示、
  伊勢街道の紹介及び八木町のパンフレットの配布に参画。


 

八木まち案内                                                                                      H18.10月
〈事業内容〉
  「”みんなでつくる”まちづくりシンポジウム(奈良県主催)」が、 橿原文化会館で行われ、その後、まち歩き参加者は橿原文化会館前広場から旧街道を歩き、河合源七郎家、平田家、福島家の内部公開及びJR畝傍駅貴賓室を見学。
 4つのグループに分け、八木まちづくり協議会の会員が八木の町家・町並みを案内した。
 

地元晩成小学校での総合的学習(八木地区におけるまちづくり学習)     H19.2月
〈事業内容〉
  ○日時:平成19年2月15日(第1日目)

           2月26日(第2日目)
  ○ 場所:晩成小学校・八木地区公民館・八木の町並み

  ○対象:晩成小学校6年生

 「八木町再発見~歩いてたしかめよう 八木の古い町並み~」と題して実施。
 第1日目は、八木地区公民館前を出発して、班に分かれ、12のチェックポイントのうち、2つのチェックポイント以上においてクイズに解答して時間内にもどってくる。
 第2日目は、八木まちづくり協議会の会員が各班ごとに分かれ「八木の歴史を町並み」について説明及びワークショップを開催した。


2年目(H19)の活動検討
抽出された課題を核として、「まち」の方向性や課題解決に向けての具体的方策を地区内外・専門家・NPO等によるグループ討議を通じて検討を行う。



   
お問い合わせ先:奈良県県土マネジメント部まちづくり推進局地域デザイン推進課    
TEL:0742-27-5433
FAX:0742-27-7685