特に注意していただきたい「うつらない・うつさない」ためのポイント

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準
緊急版
現在は、緊急版の専用トップページが表示されております。
通常のトップページを表示させたい場合は、「通常版を表示」ボタンをクリックしてください。
                                       

アイキャッチ 特に注意していただきたい「うつらない・うつさない」ためのポイント

 7月4日に奈良県内で38日ぶりとなる新型コロナウイルスの感染者が確認され、7月20日まで17日続けて感染者が確認されています。
 東京や大阪など、大都市で感染例が増えていること、家庭外での二次感染が増加していることにご注意いただき、 感染予防のための「3つの徹底」にあわせて、改めて次のポイントをご確認いただいて、感染拡大防止に向けた取り組みに、引き続きご協力をお願いします。

 

令和2年7月1日以降に判明した新規感染者の推定感染経路(7月20日時点)

 

県民の皆さまへのお願い(特に気をつけてほしいこと)

A.友人との飲食

 向かい合わせ、長時間は避けましょう!

 大声での会話はしない!

B.車同乗

 マスクを着けて、換気を徹底!

 長時間のドライブは避ける!

C.職場

 打ち合わせは対面を避け、換気を徹底!

 症状がある時、勤務は休み、外出自粛を!

D.家庭

 帰宅後すぐに...手洗い!着替え!シャワー!

 日ごろから...タオルの共用は避け、こまめな洗濯を!

感染が判明したとき

・行動履歴調査にご協力をお願いします

 感染経路の特定拡大防止に必要です!ご協力よろしくお願いします。

 

感染予防のための「3つの徹底」


感染予防のための「3つの徹底」

(1)手洗い、手指消毒の徹底 
(2)接触しない、人との間隔は2m(最低1m)空ける
(3)症状がある場合の外出自粛の徹底

マスク着用   こまめに換気   手洗いの徹底

出勤前
毎朝の検温、健康チェック。
症状がある場合は自宅で療養。(症状がある時は個室で過ごし、極力部屋から出ない)

出勤
できれば、混んでる時間帯は避けて出勤。(テレワークやローテーション勤務も有効)
公共交通機関では、会話は控えめに。
徒歩や自転車利用も併用する。

 

 会社で

密閉・密集・密接を避ける。(オンライン会議も有効)

食事
お箸やお皿の共用、大皿での取り分けを避ける。           
対面ではなく、横並びで座ろう。
おしゃべりは控えめに。
お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて。

帰宅時
家に帰ったらすぐに手や顔を洗う。
できるだけすぐに着替え、シャワー。
こまめに洗濯。

家の中
家の中でも咳エチケット。
手で触れる共有部分を定期的に消毒。
タオルは、トイレ・洗面所・キッチンなどで共用しない。
ゴミはすぐに密閉して捨てましょう。

 

十分な睡眠・食事で、健康管理をしっかりと。
おでかけは、密閉・密集・密接を避けて。

 

大都市との往来で特に注意いただきたいこと

 ①大阪での飲食は注意して                        

□多人数・長時間の会食は避ける

□対面は避けて、横並び、互い違いに座る            

□大声での会話は避ける

□大皿は避けて、個別注文

□お酌、回し飲みは避ける

□お店の感染防止対策をチェック

(消毒薬、従業員のマスク、座席間隔等)

 ②大阪でのカラオケは注意して                        

□人との間隔を2m(最低1m)空ける

□歌うときは、特に間隔に注意

□少人数・空いた時間・広い部屋

□対面は避けて、横並び、互い違いに座る

□歌う人の正面に食べ物を置かない

□マイク・リモコンは使うたびに消毒

□歌う・食べる時以外はマスク着用

 ③大阪での買い物は注意して

□1人または少人数ですいた時間に

□現金の直接の手渡しを避ける

□計画的に素早く済ます

□展示品への接触は控えめに            

④勤務先でも注意して

□人との間隔を2m(最低1m)空ける

□会話は正面を避ける

□テレワーク、ローテーション勤務の活用

□名刺交換はオンライン

□打合せ時は換気を徹底

□手洗い・手指消毒の徹底、マスクの着用は共通の注意

⑤帰宅後に「うつさない」ことにも注意

□家に帰ったらすぐに手や顔を洗う

□できるだけすぐに着替え、シャワー

□こまめに洗濯

□家の中でも咳エチケット

□手で触れる共有部分を定期的に消毒

□タオルは、トイレ・洗面所・キッチンなどで共用しない

⑥勤務先で「うつさない」ことにも注意

□毎朝の検温、健康チェック

□症状がある場合は自宅で療養

□勤務中に体調が悪くなった場合は無理せず帰宅

□手洗い、手指消毒の徹底

□人との間隔を2m(最低1m)空ける

□マスクの着用