公園の概要

 

1.奈良公園の概要

奈良の都は、約1300年前の710年(和銅三年)飛鳥藤原宮から平城京に遷都し、山城国長岡に移るまで74年間国政を司り、華やかな天平文化を育み栄えました。

この頃の信仰の場として、東大寺、興福寺などの南都七大寺と、春日大社等の社寺仏閣が創建あるいは移築されました。

奈良は門前町として発展し、さらに観光地へと移り変わりました。

一般的に理解されている奈良公園は660ヘクタールの広大な地域にまたがります。

貴重な歴史的文化遺産を包蔵する東大寺、興福寺、春日大社、保存のための文化施設である国立博物館、正倉院等々が隣接しています。

奈良公園は、これらをとりまく雄大で豊かな緑の自然美が調和しており、他に類例のない歴史公園とも称されます。

木々に映える堂塔伽藍、若草に萌える芝生、鹿の群れ遊ぶ風情、「大仏と緑と鹿」で代表される奈良公園は、古都奈良の顔でもあります。

2.奈良公園の基礎データ

  • 名称:奈良県立都市公園 奈良公園
  • 開設年月日:明治13年2月14日
  • 総面積:511.33ha(内、平坦部:48.77ha・山林部:462.56ha)、平成29年4月改正告示
  • 観光客数:年間約1,300万人
  • 主な動物:シカ(約1300頭)、タヌキ、イノシシ、ムササビ、リスなど
  • 主な植物:マツ、サクラ、モミジ、ナンキンハゼ、アセビ、スギ、サルスベリ、ウメ、クスノキ、ヒノキなど (平坦部87種、約10,000本・山林部207種、本数不明)
  • 主な施設:奈良公園事務所、休憩所、池、便所、県営自動車駐車場3カ所など

※奈良公園は、365日24時間、常に無料開放されている公園ですので、いつでも来ることができます。また、公園にいる鹿は野生動物ですので、一年中いつでも見ることができます。

3.奈良公園の有料施設

1.県営自動車駐車場:詳細はこちら→「県営駐車場」

2.春日奥山道路:鎌研交番所~芳山交番所間

車種 通行料金
バイク 200円
軽乗用車 500円
中小型乗用車 900円
大型乗用車 1,000円
バス(マイクロ含) 1,900円
  • 通行可能な車輌規格:高さ3.5m、ホイルベース6.6m、車長12m まで
  • 通行可能時間:午前9時~午後5時

3.若草山: 詳細はこちら→「若草山」