注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

ニンジンの話

ニンジンは1年中手に入り日持ちもするのでジャガイモ,タマネギと並んで家庭での常備野菜の代表的なものです。
ニンジンという名は、薬用として用いられるオタネニンジン(朝鮮人参)のことであったといわれています。野菜のニンジンはウコギ科のオタネニンジンとまったく別のセリ科の植物ですが、形が似ていたことからセリニンジンやハタニンジンと呼ばれていたものが単にニンジンと呼ばれるようになったようです。

ニンジンの原産地はアフガニスタンのヒンズークシ山脈とヒマラヤ山脈が交わる辺りであると考えられています。この地域には赤~濃紫色のニンジン(リコピンという色素をもつもの)と淡黄色~淡橙黄色のニンジン(アントシアニンを含むもの)の2種類があるそうです。このうち、前者がシルクロードを通って東に伝わってきた東洋系のニンジン、後者がトルコからヨーロッパに伝わった西洋系のニンジンの祖先とされています。

東洋系のニンジンは中国から伝わり江戸時代には栽培されていたと言われ、‘金時にんじん’に代表される鮮紅色をした、ニンジン臭さが少なく、肉質の柔らかいものです。‘金時にんじん’は夏に種をまき、秋から冬の涼しい時期によく肥大します。関西では正月のおせち料理の煮しめなどには欠かせないものとなっています。しかし、根の長さが30~70cmにもなることや、収量が低いなどの理由で、現在では関西や四国の一部で栽培されるのみとなっています。西洋系品種はヨーロッパやアメリカで育成され、江戸時代末期になってから長崎や横浜に入り、北海道や長崎などに土着品種として定着しました。西洋ニンジンは濃橙黄色をしていて、カロチンを多く含んだ栄養価の優れた野菜です。

ニンジンにはβ-カロチンが多く含まれ、発ガン抑制効果があるとされています。また、ビタミンAの含有量もアオジソ、パセリに次いで多く含まれています。ビタミンAには発育促進、目の疲れをとる、肌荒れやしわの防止、粘膜の乾燥を防いで細菌感染に対する抵抗力を高めるなどの効果があります。また、最近、量販店で間引きニンジンの葉が売られているのを目にすることがあります。このニンジンの葉にはビタミンAの他、根の5倍のビタミンC、3倍のビタミンB2、5倍のカルシウムなどが含まれています。ビタミンCは血圧の上昇を抑えたり、風邪の予防に役立っています。「えっ、ニンジンの葉って食べられるの?」という方は炒め煮やお浸しでその香り、味を一度お試し下さい。

周年供給されているニンジンですが、カロチン含量が最大になるのは冬のニンジンです。今年の冬は旬のニンジンを丸ごと利用して、カロチンとビタミンCの効果で免疫力を高め、風邪の予防に役立てましょう。

2001年12月
奈良県農業技術センター 生産技術担当 
野菜栽培チーム 研究員 矢奥泰章