注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。


伝統野菜はどこから来てどこへ行くのか?

 近頃、家庭菜園をされている方々の間で、各地方の珍しい伝統野菜を作り、自分達で採種を行い、その種子を次の年に播いて育てる人が増えているとのことです。

 近年、出回っている品種の多くは種苗メーカーが育成した一代雑種品種といって、この種子を採っても次世代の野菜は親と同じようにできず不揃いになります。種の袋やカタログをみて“~交配”や“F1”といった表示があれば、一代雑種品種のことですので自分で採種をしても期待した品質の種子は得られません。

 一代雑種品種は一般品種に比べて作りやすく、収量性も良く、形状や品質が均一になるため多く利用されています。今では時代の要請もあり、大量生産、安定供給が求められ、栽培が容易で収量の多いものが選ばれる傾向があります。このため、このような一代雑種品種の利用や野菜の品種の単一化が進み、各地方の伝統野菜が衰退していったようです。

 ところで、もともと日本に自生して、日本が原産地とされているものは、ウド、ミツバ、ミョウガ、ワサビ等ごく一部の野菜です。私達が普段食べている野菜のほとんどは古い時代に日本に渡来したものです。例えば、ハクサイや、ダイコン、奈良県の伝統野菜のヤマトマナ等が属するアブラナ科の祖先は地中海沿岸が起源とされています。

 これらは人から人へと運ばれ、はるばる日本に到着し先人の努力によって各地域で様々な品種が育成された結果、今の伝統野菜ができ、時代を超えて伝えられて来たのです。ですから、自家採種することは、私達と野菜との長い付き合いの歴史を追体験することとも言えます。

現在、残念ながら地域固有の品種を自家採種している方はほとんどおられなくなっています。しかし、中山間地域等には、その土地で大切にされている伝統野菜がわずかに残っているようです。それらは来歴が不明なものも多く、現在、農業技術センターでは調査を進めようとしています。また、一度途絶えてしまうと同じものを再び作り出すことは、現在の先端技術をもってしても不可能です。さらに新品種を育成するにもこういった色々な品種が遺伝資源として必要となります。これから次の世代に伝統野菜をどう残し発展させていくかは、現在に生きる私達の大切な問題です。もしこのような古くから自家採種されているような品種をお持ちでしたら、農業技術センターに是非御一報下されば幸いです。


連絡先 農業技術センター 高原農業振興センター
  電話  0745-82-2340  
    FAX  0745-82-7841

写真の説明 
上 山添村に古くからある赤い日野菜の漬け物
下 自家採種された赤い日野菜の種子


2004年5月
奈良県農業技術センター 高原農業振興センター
営農技術チーム 技師 北條雅也