注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

害虫に強い「スーパーセル苗」とは?

 現在、産地ではキャベツ、レタス、ハクサイなどの葉菜類はセル成形苗を畑に移植して栽培されています。セル成形苗とは、卵のパックのような小さな穴(セル)があいたプラスチック製のトレイに育苗用土を詰めて育てた苗です。「スーパーセル苗」とは、キャベツ、ブロッコリーなどのセル成形苗を通常の育苗期間(20~30日程度)の2倍以上の期間を肥料を与えず灌水だけで維持した苗のことです。これまでのセル苗は移植適期が短く植え付け時期の設定が困難でしたが、この苗ならいつでも定植が可能となります。さらに耐乾性、耐病虫性が高いとされています。それでは、なぜ、害虫に対して強くなるのか、モンシロチョウを中心に検討した話をいたします。

 9月上旬にキャベツの慣行苗(苗齢18日)とスーパーセル苗(苗齢39、60日)を圃場に定植して15日後の虫の数を調べてみました。慣行の粒剤農薬を施用した区および無処理区ともに慣行苗よりスーパーセル苗の虫数が低く抑えられました。スーパーセル苗は農薬施用をしなくても、慣行苗で農薬施用したものよりアブラムシとモンシロチョウの幼虫数が少ないことがわかりました。
 スーパーセル苗の外観上の特徴は緑色が薄い点にありますが、定植してから約3週間で慣行苗と同程度の緑色となります。そのころになるとモンシロチョウの産卵数も慣行苗と同じ数になります。モンシロチョウは最初に葉の緑色により植物を見いだします。定植後、葉の緑色が慣行苗と同程度になるまでがモンシロチョウに対して見つかりにくい時期といえます。
 また、モンシロチョウは着葉後、アブラナ科野菜特有のカラシ油などの揮発性の物質により産卵行動が誘起されます。スーパーセル苗のカラシ油類の揮発量を測定したところ慣行苗の約4分の1以下の量でした。このことからスーパーセル苗はモンシロチョウにとって見つけにくく、たとえ見つけても産卵しにくい状態です。さらに、ワックス層が慣行苗よりも3倍量程度発達していることがわかりました。これを孵化直後の微少な幼虫に餌として与えても食べることなく餓死してしまいました。これらのことからスーパーセル苗は幼虫にとって餌としてふさわしくない植物体といえるのです。



2005年10月
農業技術センター 高原農業振興センター
営農技術チーム  総括研究員 中野智彦