注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

柿の新しい兄弟達

 柿のおいしい時期になりました。その柿にも様々な種類がありますが、近年、「富有」と同じ種類である、甘柿の新品種が独立行政法人農業技術研究機構果樹研究所ブドウ・カキ研究部から次々と品種登録されました。今回は品種名に「秋」がつく、新しい兄弟達を紹介したいと思います。

 「早秋」(そうしゅう)は9月下旬から10月上旬にかけて収穫できる品種で、鮮やかな赤の果色が特徴です。甘さは「富有」並ですが、果肉が柔らかくて果汁が多く、食味は良好です。「新秋」(しんしゅう)は10月中下旬に収穫できる品種で、「富有」より甘くなり、果汁も多く、食味は良好です。「太秋」(たいしゅう)は10月下旬から11月上旬にかけて収穫できる品種で、甘さは「富有」並ですが、果実が大きくて果汁も多く、梨のようなシャキシャキした食感が特徴です。「甘秋」(かんしゅう)は10月中下旬に収穫できる品種で、昨年品種登録されたばかりです。果実の形が良く、「富有」よりやや甘くなるのが特徴です。

 今後も新しい兄弟達が出てくると思いますが、この兄弟達には共通の欠点があります。それは、果皮の表面に黒いすじ条の模様が入るため、見た目が悪くなることです。この模様のことを「条紋」(じょうもん)と言いますが、実はこの「条紋」の模様がでるとその果実が充分熟したことを示し、「条紋」の出た部分は「条紋」のない部分に比べて甘いことがわかっています。もし、みなさんが今回紹介した柿の兄弟達をお店で見かけたときは、見た目の汚れで敬遠せず、「このすじ状の模様は甘いしるし」と考えて、是非一度食べてみて下さい。


「条紋」が出た「太秋」

2003.11
奈良県農業技術センター 果樹振興センター 果樹栽培チーム 
主任研究員 杉村輝彦