注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

茶園に立っている扇風機は何のため?

お茶の木は一旦植え付けられると、数十年にわたって、その場で生き続けます。そのため暑さ、寒さや強風等さまざまな気象条件に耐えて生きていますが、耐えられる限界を超えた気象に遭遇すると、その程度や生育時期によってはひどい被害を受けることがあります。その一つが新芽の生育中に遭遇する晩霜です。霜は空気中に含まれている水蒸気が地表やその近くの物の表面で凍ってできる氷の結晶で、これは0℃以下になると起こります。さらに、-2~-3℃まで下がると新芽の組織や細胞が凍って枯れてしまい、新芽の生育時期によっては全く収穫できなくなることも珍しくありません。そこで役に立つのが茶園に立つ電柱の先についている扇風機です。

 扇風機がどうしてお茶の木を晩霜から守ることができるのでしょうか。昼間の気温は地表や地表に近いところで高く、逆に地表から上に行くほど低くなります。しかし夜間は地表や地表近くが冷え込み、逆に地表から高くなるほど気温が高くなり、この現象を「気温の逆転現象」と言っています。晴れて、風のない夜は茶の木のある位置より6~7m上になると5℃程度暖かく、この暖かい空気を扇風機を使って茶の木に送り、晩霜から茶の木を守ります。そのためこの扇風機のことを防霜扇とか防霜ファンと呼んでいます。人は暑い日に涼を求めて扇風機を使いますが、茶の木は寒い夜に扇風機を使って暖をとっているのです。
これまでは、4~5月の晩霜が予想される日はお茶生産農家は、前日の夕方から茶園に行きコモや寒冷紗等でお茶の木を被覆し、翌日には被覆をはずして晩霜を防いでいました。
 防霜ファンが開発されたことで 、晩霜が予想される日も安心して家にいることができるようになり、また生産の安定に果たした役割は大きなものがあります。
茶畑に林立する扇風機

2002年2月
奈良県農業技術センター 茶業振興センター 
茶栽培チーム 総括研究員 米谷 力