注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

見直してみよう!農薬のまき方

農薬には、粒剤や粉剤、乳剤など、様々な剤形があり、散布方法も様々ですが、今回は散布する時の注意点や、心構えについてお話しします。

1.ラベルをよく読む

農薬容器のラベルには、使っても良い作物、使用濃度、使用回数や注意事項が書かれています。使用前に必ず確認しましょう。
2.決められた濃度・使用量を守る

濃度を濃くしたり、使用量を増やすと、薬害が発生し、作物や環境に悪い影響を及ぼす原因になります。
農薬を決められた以上に、濃い濃度で使用することは禁止されています。
3.マスクや防除着を着用する

散布している時に、農薬が皮膚に付いたり、吸い込んだりしないように、マスクや防除着を着用しましょう。
4.風の強い時は農薬を散布しない

風があると、散布した農薬が風に流され、周りに飛び、自分だけでなく、周りの人や作物にかかります。特に、登録のない作物にかかると、その作物が出荷できなくなることもあり、補償などの問題に発展しますので、十分に注意して下さい。
5.対象の病害虫にかかっているか

水和剤や乳剤などの散布剤の場合、害虫に薬液がかからないと、効果のないものがあります。特に、ハダニ類は葉の裏にいるので、薬液がかかりにくくなっています。目的とする病害虫がどこにいるのか、よく観察して、そこに薬液がかかるように散布しましょう。
6.作業後は、身体を洗う

農薬をまいた後は、手洗いとうがいをして、身体をきれいに洗いましょう。農薬で汚れた衣類は、他の衣類と一緒にしないで、単独で洗うようにしましょう。
7.飲酒はひかえる

農薬を散布した人が、最も多く農薬にかかっています。農薬をまいた当日は、ビールやお酒を飲まないで、十分に休養しましょう。農薬散布は重労働で、作業後の肝機能が低下していることがあります。さらに、肝機能を低下させるアルコール類の飲用はひかえましょう。

農薬を散布している時だけでなく、散布する前後の準備、心構えがとても大切です。今後も周りの環境に十分注意しながら、正しく使用して下さい。

2005年9月
農業技術センター
土壌水質保全チーム 主任研究員 西川 学