注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

ポジティブリスト制度って?

 すでにご存知の方もおられるかと思いますが、食品衛生法の一部が改正され、今年の5月29日からポジティブリスト制度が導入されます。名前だけ聞くとなんのことやら分かりにくい制度ですが、一言で言うと、これまでに設定されている基準に加えて、基準が決められていなかった農薬などの化学物質が一定量以上残っている食品の流通を原則禁止にするというものです。

 農薬には、登録制度というものがあり、その効き目や作物への害を確かめる試験以外に、動物への毒性、作物に残る程度、環境中での影響をみる試験等、数多くの安全性評価が行われています。これらの結果に基づいて農薬を使う時の基準は決められており、この基準を守って正しく農薬を使用すれば、収穫された農産物に基準を超える農薬が残ることはなく、食品として安全と言えます。
 また、厚生労働省では、これまでに基準を設ける作物及び農薬を次々と拡大し、農産物の安全性確認を図ってきました。また、公的機関が行った残留農薬検査結果をまとめて公表しています。それによると、日本で流通している農産物における農薬の残留レベルは極めて低いものと判断されています。

 このように、これまでにも農薬取締法や食品衛生法によって農産物の安全性の確保が図られてきたわけですが、ポジティブリスト制度の導入により、日本では使われていない農薬を使用している輸入農産物や、適用のなかった作物と農薬の組み合わせなど、あらゆる食用農産物と農薬の組み合わせについて、さらに厳しく基準が追加されることになります。具体的には、これまで基準値のなかったもののうち、国際基準や諸外国の基準がある場合はそれを、それらがない場合は一律に0.01ppm(1億分の1)という国際的に見ても非常に厳しい基準を採用し、規制されます。これにより、さらに食の安全・安心施策が充実することになります。

 消費者にとってメリットの大きいこの制度ですが、生産者にとってはこれまで以上に農薬の散布対象作物以外への飛散防止に気をつける必要があります。私達は指導機関として、今一度基本に立ち返り、風の強い時には散布しない、田んぼや畑の端での散布の方向に気をつける等の対策の徹底を呼びかけるとともに、シートやネットなどの障壁を設ける、飛散しにくいタイプの農薬や散布器具を選択する等の効果のある技術の情報提供を行い、注意を促しています。特に、近隣に収穫間近の作物がある時は注意が必要で、周辺の生産者へ事前に連絡し、協力し合う必要があります。その点では、周辺住民への農薬散布の事前連絡や住居等への飛散防止と同様に、人と人とが理解し合い、連携・協力することがとても重要と言えます。


2006年4月 
農業技術センター
環境保全担当 虫害防除チーム 主任研究員 松村 美小夜