注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

遺伝子組換え植物とは

 八百屋の店先やスーパーマーケットの野菜売場には、同じ種類の野菜や果物でも形や色、味が違うものが並んでいるのを見ることができます。これらは交配など、様々な方法で品種改良されて作られたものです。交配では花粉が雌しべに受粉して、農作物の品種改良にはそのための施設や多くの労力、時間が必要です。また目的にかなう形質のみを持った品種を作るのは非常に困難です。近年、バイオテクノロジーの急速な発展に伴って、今までになかった手法で新しい品種を作り出すことが可能になってきました。

 特に最近注目されている方法が、遺伝子組換え技術を用いた品種改良です。この技術は植物を含む全ての生物の遺伝子が、細胞にある染色体のデオキシリボ核酸(DNA)という物質によってできていることを利用しています。これによって目的にあった形質の遺伝子のみを、直接作物に入れて目的の品種を作ることができます。病気や害虫、環境ストレスに強い品種や、栄養価を高めた品種、アレルギーのもとになるアレルゲンを除いた品種など、画期的な品種を容易に作ることも夢ではありません。

 植物の遺伝子組換えを行うにはいくつかの方法があります。ここでは近年最もよく用いられる方法の一つ、アグロバクテリウム法を紹介します。この方法はアグロバクテリウムという細菌を遺伝子の運び屋として利用します。この細菌は、プラスミドという小さな環状のDNAを持っています。アグロバクテリウムのプラスミドの性質には、植物の染色体にプラスミド上の遺伝子を組み込ませる働きがあり、その性質をうまく利用します。実際の操作は植物の葉などの断片に、目的の遺伝子を持つアグロバクテリウムを感染させて、その遺伝子を送り込みます。この植物の組織片を組織培養で植物体に再生させるとともに、アグロバクテリウムを除去し、遺伝子組換え植物を得ます。農業試験場でも、遺伝子組換え技術を用いて病気や害虫に強いイチゴやナスを作ることに取り組んでいます。遺伝子組換え技術は新しい技術であるため、安全性などまだ分からないことがあります。そこで、この技術で作られた品種はこれまでの知見に基づき、考えられる全ての事柄について安全性の確認を行っています。

2000年3月
奈良県農業試験場
資源開発チーム 研究員 都築正男