注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

植物と水

 うだるような暑さが続く中、庭や畑の土もカラカラに乾き植物もぐったりしがちです。特に鉢植えでは水やりをうっかり忘れて、枯らしてしまった方も多いと思います。人間も水を飲まずに生きることは不可能ですが,植物にとっても水は生きてゆくためになくてはならないものなのです。                    
水の役割は次の4つが挙げられるでしょう

1植物の体を作る原料となる     
 植物は空気中の二酸化炭素を吸収し、酸素を放出すると共に、光合成により糖分をつくり、それをもとにして,体を構成する様々な物質を合成していきます。光合成の際,水は原料として不可欠なものです。

2植物の体勢を維持する           
 茎や葉の柔らかい植物でもしっかりと体を支えていられるのも,植物の体の9割前後が水で占められていることと関係しています。植物の個々の細胞は外部から水を吸収して自ら膨れようとして、周りの細胞を圧迫しようと力が働きます。植物体全体にその力が働くことで体勢が維持できるのです。そのため水が不足すれば,その力が小さくなり空気の抜けたゴムまりのようになって、しおれてしまいます。   

3植物が必要とする様々な物質を運ぶ
 チッソやカリなどの生育に必要な成分は,土壌中から水に溶けた状態で根から吸収されて,植物体の隅々まで運ばれていきます。そして,植物体を作るのに必要な成分の合成や分解も水に溶けた状態で初めて可能となるのです。

4厳しい暑さに耐えうる体にする         
 水は体温を調節する役割も果たしています。蒸散といって,葉の水分が水蒸気に変わる際に,多くの熱が失われることで葉の温度を下げる仕組みを持っています。そのため夏の日中,直射日光のもとでは,石の表面が手で触れないほど熱くなるのに,となりの植物はそこまで熱くならず,葉焼けすることなく正常に育つことができるのです。         
 
 以上のように,水は植物が育つために,いろいろなところで役立っています。ちなみに植物が1g(乾燥した状態)生長するのにおよそ200~1000倍もの水が使われるといわれています。植物が育つ上で,水はとても大切なものだということがおわかりいただけたでしょうか。


2000年8月
奈良県農業技術センター
主任研究員 滝 憲治